スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【書籍】知識ゼロでも2時間で決算書が読めるようになる!(90点/2週間後)

【印象に残った点】
知識ゼロでも2時間で決算書が読めるようになる!―会計超入門!知識ゼロでも2時間で決算書が読めるようになる!―会計超入門!
(2011/04/05)
佐伯 良隆

商品詳細を見る
2時間で読めるかは別として、読みやすいフォントとページ構成、財務諸表を筋肉や骨格、血流に例えたりと今まで読んだ財務諸表関連本の中では入門書としては抜群に読みやすいこの書籍。経済を学んだことの無い社会人にはぜひともオススメの一冊です。


□学んだことをまとめていきたいと思います。


「IT」「英語」「会計」は三種の神器

損益計算書=運動成績表
  収益(運動量)-費用(無駄な動き)=利益(成績)
   売上総利益 → 営業利益    →  経常利益  → 税引前当期純利益 → 当期純利益
   作るための金 → 売るための金 →貸借や財務活動を加味 → 特別な儲けや損 → 税金

・ 貸借対照表=健康診断表
  資産(財産)=負債(借金)+純資産(返さなくて良いお金)
 ・資産と負債の部は、流動性のある順に上から並んでいる。
  流動資産:「当座資産」「棚卸資産」「その他の資産」
  流動:善玉コレステロール=「現金」など 固定:悪玉コレステロール=「売上債権」「棚卸資産」

・当座資産に含まれる「売上債権」はツケで売った状態であり取引先倒産時回収不可
  固定資産:「有形―」「無形―」「投資その他―」
   1年を超えても現金せず、使い続けることを前提にもっている財産(会社の筋肉)。
 
 ・流動と固定の違いは「1年以内に返済しなければならないのか」
  会社の安全性を知るため流動と固定とに分ける。

負債=筋肉増強剤 純資産=骨格
・ キャッシュフロー計算書=血流検査表
 「営業CF」=血液を作れているか
 「投資CF」=血液を使い身体を作っているか
 「財務CF」=輸血や献血をしているか

・ROA(ReturnOnAsset)総資産利益率=利益÷資産 どれだけ資産を上手に使えてるか

・ROE(ReturnOnEquity)自己資本利益率=利益÷自己資本 株主のお金を上手に使えてるか

・総資産回転率=売上÷資産 資産の何倍の売り上げを出せたか

・付加価値=売り上げ+人件費 = 売上-他社から購入した価値

・資産→(総資産回転率)→売上→(売上高利益率)利益 ⇒(ROA)

・自己資本比率=自己資本÷総資本=「骨格」自己資本は返さなくて良い金 30%以上が望ましく50%優良

・流動比率=流動資産÷流動負債 1年以内に返す負債に対して1年以内に現金化できる資産をどれだけもってるか

・固定比率=固定資産÷自己資本 設備を自分のお金で買ったのか →100%超えてたら返す金が固定か流動か

・固定長期適合率=固定資産÷(自己資本+固定負債)=100%は超えてたら流動負債があるということ=危険!

スポンサーサイト
[ 2014/05/19 23:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

【書籍】竹中先生、経済ってなんですか?(89点/3年後)

竹中先生、経済ってなんですか?竹中先生、経済ってなんですか?
(2008/05)
竹中 平蔵、藤井 昌子 他

商品詳細を見る
漫画形式で経済というものが分かりやすく解説されています。
中学校でわけもわからず詰めこまれてよく分からない言葉を暗記させられるよりも、経済の役割や目的をこのような分かりやすい教材でしっかり教育させることが重要でしょう。マスコミがしょうもない情報で大衆を誘導することを防ぐために、国民が社会の動きを読み取れる力を育てていこうとする竹中氏の思いが伝わる書籍です。


【感じたこと】ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
□強く感じたことは、この経済の原理は誰かによって設計された仕組みであって、その仕組みの歴史は浅いものであり、いつ壊れるか分からないものであることです。

□1944年のブレトンウッズ体制からまだ70年しか経っていない。

□今後、米国の世界への影響力の低下によって、この経済ルールはどう変わっていくのでしょうか。

□少なくとも、そのルールつくりの中心に中国がいるとすれば、日本にとっては良い方向に行かないことは間違いない・・

□それから、この国がマスコミに扇動されないためにも、われわれ一人ひとりが経済について学び考えることが重要である、と改めて感じることが出来ました。
【印象に残った点】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・為替について
■1944年 ブレトン・ウッズ体制(金本位制と固定相場制:360円/ドル)

■1971年 ニクソンショック(308円/ドル)

■1985年 プラザ合意(230円/ドル→120円/ドル)

参考:過去ブログ

■貿易摩擦による米国の反日感情は相当なものだった。
 円高になると製品を輸出する企業は損をする。
 円高になると米国で土地を買ったり工場を建てたりといったメリットもあった。
 「現地化」によってアメリカで製品を作って販売するようになっていった。


・経済成長率について

■1.02倍の35乗=約2
親から子どもにいくあいだに生活水準が二倍になります。

・株式会社について

■1600年 東インド会社:当時貴重であった香辛料をより安価に入手するために直接船で買いに行く費用を分担したのがはじまり
香辛料=冷蔵庫が無い時代に肉の保存用に重宝された

・株式投資について
■株式投資というのは、社会に貢献するという意味合いが本来非常に強い。


・資本とは

■モノの生産に役立っているものはすべて資本=ヒト・モノ
 おカネは持っているだけでは資本ではないけど、おカネがないと資本は生まれない。

■「金持ちを貧乏人にしたところで、貧乏人が金持ちになるわけではない。」by サッチャー

■日本では資本を活かしたりすることに「けしからん」という風潮があります。
 でも、資本を活かさないと豊かな経済はないわけです。

■経済が発展していくためにはこの減少する労働を、資本を上手に使って補っていかないといけない。

■1500億円の個人資産のうち300億円が郵便貯金
 これを国債の購入だけでなく、いろいろな投資に用いることで経済を活性化させるというのが郵政民営化。

・これからの日本
■国民一人ひとりが経済の大切さを理解している社会と、そうじゃない社会では国民の支持する政策は違ってくる。
 場合によっては社会は良くない方向に行ってしまうかもしれない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3年後 にまた読みたいと感じました。

採点89点

以上

環境素人




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[ 2014/04/13 22:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。