スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【学習】ボイラの種類と省エネ(後編)

■引き続き、ボイラについてまとめました。興味の無い方は読み飛ばしてくださいね。

【ボイラの省エネ】

①空気比の調整=酸素濃度が高いと燃料を無駄に使います。
 ・ダンパ開度、ファンのインバータ化。空気温度や、酸素濃度に応じて調整します。

 □空気比 = 21/(21-酸素濃度)を下げる。
 つまり、燃焼空気中の酸素濃度を下げることで燃料削減。(燃やしすぎない)
 例)酸素4.8%⇒空気比1.3、酸素1.9%⇒空気比1.1


・空気比は夏低く、冬高いので、季節ごとの調整が必要。
 □夏は酸素が薄いからしんどいのでしょうか??


②排ガスの熱利用=エコノマイザ(給水予熱)、ガスエアヒータ(吸気予熱)

③乾き度を高めに=湿っているとドレンが発生してロスに。
・キャリーオーバーを防ぐ=急激な蒸気負荷により、蒸気配管にボイラ水が流入。
  ・負荷変動を緩やかに。=蒸気使用設備のタイミングを工夫する。
  ・フォーミング(泡立ち)を防ぐ=水質管理(電気伝導度を測定し監視)

④パージ損失を防ぐ=ボイラ停止時の掃気により温度が低下しロス発生。
 ・間欠運転を避ける⇒台数制御や三位置制御よりもPID制御とする。

⑤ブローの低減=不純物がたまってきたらボイラ水を捨てて(=ブロー水)新たに水を供給
 ・ドレンは基本的に純粋かつ高温。これを回収することで、熱するエネルギーと給水量を削減。


【低圧蒸気の特徴】
■圧力は低い方が潜熱は大きい
■圧力は低い方が比容積(㎥/kg)は大きい。
(イメージ:押えがきかないので膨らむ)
=配管内の流速が増える=圧力損失増加(圧力損失は流速の二乗に比例)


□要するに、高圧蒸気のほうが持っている熱量は小さいので、無駄に高圧にしない。でも圧力下げすぎてもロスが増えるので、ほどほどに・・。ということ。

(イメージ:低い圧力の蒸気のほうがエネルギー豊富。求めている以上に圧力をあげないことがポイント。
しかし、流速が早いので蒸気配管にぶつかってロスする。)


■圧力を下げすぎると、水管内の流動抵抗が増し、水管の破裂の恐れあり
また、流速が早いため、気水分離性能も悪化し、乾き度が低下する要因にもなる。

【換算蒸発量と実際蒸発量】
■慣例的にスペックは以下で表されることが多い。
 ●水管・炉筒煙管ボイラは実際蒸発量
 ●貫流ボイラは換算蒸発量

・実際蒸発量 G ・・例 0.8MPaG(ゲージ圧力)、給水温度20℃で蒸気量1800kg/h
・換算蒸発量 G' ・・ゲージ圧力0 で給水温度100℃→乾き飽和蒸気100℃としたときの蒸気量。

G'[kg/h]× 2257[kJ/kg] = G[kg/h] ×(h2-h1)[kJ/kg]
換算蒸発量  G'[kg/h] = G[kg/h] ×(h2-h1)/2257
 
 2257[kJ/kg]:100度の水→100度の乾き飽和蒸気の比エンタルピー
 h2[kJ/kg]:ある条件での乾き飽和蒸気の比エンタルピー
 h1[kJ/kg]:ある条件での給水の比エンタルピー


以上です。


せっかくなのでボイラー技士の資格でも取りましょうかね。

みるみるわかる二級ボイラー技士試験 (LICENSE BOOKS)みるみるわかる二級ボイラー技士試験 (LICENSE BOOKS)
(2007/08)
南雲 健治

商品詳細を見る


マンガでわかる二級ボイラー試験マンガでわかる二級ボイラー試験
(2006/01)
望月 あきら、ウェルテ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト
[ 2012/07/16 01:26 ] 学習 | TB(0) | CM(0)

【学習】ボイラの種類と省エネ(前編)

■ボイラについてちょっと勉強したのでメモします。
特に面白みは無いので、興味の無い方は読み飛ばしてくださいね。


□間違いがあればぜひともご指摘願います。

【ボイラの種類】
■丸ボイラ・・縦型、炉筒、煙管、炉筒煙管
  炉筒煙管ボイラ・・炉筒の外側に水が入った大きな筒がある。その外側の水筒に細い排ガスが通る煙管が存在。
  (動作)炉筒で燃やす→排ガスが煙管へ→水を温めて蒸気発生
  (特徴)MAX圧力 1~1.56MPa(10~15.6kg/cm2)、起蒸に時間がかかる。圧力変動小。


■水管ボイラ・・自然循環、強制循環、貫流
  
  水管ボイラ・・水ドラムと蒸気ドラムを数本の細い水管で上下に接続。広い燃焼室が存在。
  (動作)燃焼室で燃焼→排ガスが水管の周囲に流入→水管内の水を温めて蒸気発生
  (特徴)低圧・小容量~高圧・大容量まで対応可、水管内の水が少ないので起蒸早。圧力変動大。


  多管式貫流ボイラ・・燃焼室が円筒の中心に存在。周囲を多数の細い水管で上(水)下(蒸気)に接続。
  (動作)燃焼室で燃焼→排ガスが水管の周囲に流入→水管内の水を温めて蒸気発生
  (特徴)設置面積が丸ボイラの1/5、起蒸も極早。圧力変動大。


■鋳鉄ボイラ・・鋳鉄製セクショナル

■特殊ボイラ・・廃熱、特殊燃料、特殊流体、間接加熱

昨今、ボイラの単機能力は増大傾向にある。主要なボイラは小型貫流ボイラ。

【貫流ボイラの取り扱い資格】
(通称)小規模ボイラ=ボイラ技士不要
 ・簡易ボイラ:伝熱面積5㎡未満
 ・小型ボイラ:伝熱面積10㎡未満(ボイラー取扱技能講習修了で取り扱いOK)
 ・ボイラ:伝熱面積30㎡未満 (ボイラー取扱技能講習修了、小型ボイラー取扱業務特別教育修了で取り扱いOK)
 ・伝熱面積30㎡~250㎡未満(二級ボイラ技士で取り扱いOK)
 ・伝熱面積250㎡以上(一級ボイラ技士で取り扱いOK)

■ボイラの省エネ

後編につづく・・ 

[ 2012/07/11 23:36 ] 学習 | TB(0) | CM(0)

【書籍】頭の回転数を上げる45の方法(3年後/82点)

頭の回転数を上げる45の方法頭の回転数を上げる45の方法
(2012/02/16)
久保 憂希也、芝本 秀徳 他

商品詳細を見る


□ 私のような若手が最も欲しいと思われます、いわゆる「私のメモリの増強」。
先輩方に対して、
「なんでこんなにすばやく判断できるの?」
「大人しそうなのにやっぱり知識豊富ですごいわ」

などなど、、いろんなことを感じている方も多いはず。特にこのブログの読者の方はそういったギャップを成長の種として活かそうという気概のある方々ではないでしょうか。

そんな皆さんの先輩方もこの本の45のうちのいくつかをすでに実践しているのかもしれません。

□数点、印象に残った箇所をあげていきます。



----
■「『守破離』とは、原理原則を学ぶ段階、それが身につき実践する段階、そして形を離れて本質を得る段階」

■「大事なのは、本質だけ頭で覚えるのではなく、その詳細(具体的な状況)を心で覚えることだ。
 ×上司が明確な判断をしないから、自分の仕事は全く進まない。
 ○上司が判断しなかった対応は取引先に対する対応で、そのせいで取引先への対応が2ヶ月遅れ、担当のAさんには迷惑をかけた。

■「『なんとなく』を言葉にする。

■「経験をメタ化する」

□メタはメタボリックで無く、抽象化するというようなイメージですよ。

■「場所と仕事を紐づけする」「時間と仕事を紐づけする」

■「指示の背景にある『要求』を考えて始める。」

■「問題を因数分解する」

■「起こるとしたら何が起こるかを考える」

□常に自分の仕事でこれは考えておかねば、いわゆる「テンパり」を起こしますね。心の余裕にはリスク想定が一番の薬です。

■「クリティカルなものだけに気をつける」

■「過去の事実を成り立たせていた要因を探る」

□他人や他社の成功事例をまねてもだめで、その要因は何だろうと探ることが重要ということですね。

例?)あいつはお洒落センスを磨いてモテ気が到来したらしい。じゃあおれもお洒落センスを磨いて・・
でも結果は出ずだった。そうおれは元々服に興味が無かったのだ。また、ターゲットとする女性(顧客)は、実は見た目よりも中身重視だったのだ。よくよく話を聞くと、あいつが成功したのはお洒落センスを磨いたことによるのではなく、ターゲットの好みのタイプの男性がお洒落男子、服の好みが○○系ということをしっかり調査した結果だった。つまりニーズ把握を徹底し、それに見合った商品(自分自身)を磨いた結果だったのだ。

・・こんな感じでしょうか? 笑

■「問題を解決する最善の方法を考えようと必死になりがちだが、その前にまず「何が問題なのか」を正しく設定することが重要だ。

■「部分最適は全体最適にならない」

□自分や部署にとって良いと思われている仕事が、実は会社のためになっていない。こういったジレンマに若手は特に悩まされます。実はその新鮮な視点が我々若手の「武器」なのですが、日本企業の旧態依然とした「上に物を言うな!」という雰囲気ではこれは諸刃の剣になりかねませんよね・・。
そんな小さなことを言っててもだめなんです!(きれいごと)
しかし、いざそういった思いを伝えると「若手が偉そうに!」「体制批判するよりまずはじぶんができることからやれ!」

「ザ・正論」で返される、あなたの会社はそんなことはないですか??

■「どう伝わったかがすべて」

■「自分なりのたとえ話をパターン化する」

□さっきの変なたとえ話はさっそくこの言葉をアウトプットしている涙ぐましい努力です 笑

■「二人で創業した会社は成功しやすい」

----


□感じたこと

情報を分析 → 抽象化してインプット → 例え話に変換しアウトプット

この行動によって、「私のメモリ」は増強されていくのではないでしょうか。
明日からがんばりたいと思います!

 3年後 にもう一度読み返してみたいと感じました。


採点82点

以上

環境素人

震災後の建設市場

■震災から一年以上が経過しました。そんな中建設市場で新たな流れが。


■大成、津波対策の実験拠点 (日本経済新聞 6月27日朝刊)

大手ゼネコンが東日本大震災後に需要が高まった防災・省エネ技術の研究開発施設を相次いで拡充する。
(中略)
省エネ技術などの強化で、環境配慮型都市(スマートシティー)構築にも役立てる。

大成建設は2014年6月の完成予定で「ZEB実証棟」を新設する。

以下、省略


○ZEB(ネット・ゼロ・エネルギービル)
ZEBは、ゼロ・エネルギー・ビルディング、またはネット・ゼロ・エネルギー・ビルディングのことである。2009年11月にまとめられた経済産業省の「ZEBの実現と展開に関する研究会」の報告書では、ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)を「年間での一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロ又は概ねゼロとなる建築物」と定義している

大和総研HPに詳細が載っております。
ZEBとは


■ZEBの定義が出たのはそもそも2009年。震災以前にあたります。新築の建築物すべてにおいて、一時エネルギーが正味ゼロとなる建築物とすることを2020年までに達成しましょうというものです。かなり野心的な目標ですね。じつはこれは皆さん忘れがちCO225%削減を見据えて、のもの。

■CO2削減技術が高まるだけでなく、建物としてパッケージで展開することが出来る。つまり海外に対してもZEB達成の技術で優位に立っておきたいということです。もちろん建設業界にとっても稼ぎのネタになる。

■ZEBとはいっても結局は努力の積み重。
「極力省エネしましょう。」
 躯体側:パッシブ建築(自然通風や光ダクト、建物自体の断熱性を高める。)
 設備側:省エネ(高効率機器の採用、ヒートポンプ、LEDなど)

 そして残りは
「太陽光等の自然エネルギーで賄いましょう。」
 ということです。

■震災後、BCPの意識が高まることで、このZEBが一段と加速したようです。


○BCP(事業継続計画)
BCPとは

■発電所から送られてくる電気に頼らず、自立した電源を持って、事業を継続しましょうということでBCPに配慮する。つまり分散型電源の優位性が再認識されることになったのです。

■ZEBに近づけて建物をどんどん省エネしていき、自前の電源で賄う。こういった流れが震災以降できたことにより、ZEBへの動きが加速したようです。電源は自然エネルギーだけでは到底すべてを賄うことはできないのでCGS等の発電機を使うことになります。もしくは大量の蓄電池をおくか。

■このZEBやBCPの分野で技術力を磨き、新たなビジネスとして育てていこうという動きこそが、今回の日経の記事に出ていた内容だと思われます。

■しかし、一つ疑問なのは、ガス管で運ばれたガスを使う発電機は分散型といえるのか。震災時のリスクは今回のような原子力の事故や政府の迷走がなければ、復旧の早い電気の方が低いのでは。。ガス管ももちろん丈夫にはなってきていますが、東北ではオール電化マンションが人気という話も聞きます。
原子力の事故が起こるリスク、ガスが需給逼迫するリスク、ガス管が壊れるリスク。
どのリスクが出現する可能性が最も高いでしょうか。

■仙台地震後、仙台のマンション市場 オール電化に人気(YAHOO不動産 2011.5.17)

仙台では3月11日の地震発生後、電気系統のインフラは数日で復旧したエリアもあったが、ガスは大幅に遅れた。「ライフラインの復旧スピードが、『電気、水、ガス』の順番だということを、多くの方々が認識したようだ」(同社)。オール電化とガス併用の説明を求める来場者が多くなっているのは、これまでオール電化をあまり意識していなかった層が動いている証拠だといえる。「ライフラインの復旧スピードがどうだったかを、立地条件に入れて検討するケースも目立つ。必然的に、仙台市の中でも都心部に人気が集まる傾向になる」と言う。

記事詳細


■もう一点。ZEB=ネット・ゼロ・エネルギー・ビル。あえて「ネット」がつけられた意味としては、面的利用というニュアンスが含まれているためです。つまり建物間での熱・電気等の融通を踏まえたものです。CGSで今までうまいこと使えてなかった排熱を別の建物に融通することでCGSの総合効率が格段に上がるという期待もあります。今まで排熱用途が極端に多い銭湯等以外ではなかなか良い排熱利用効率が出にくかったCGSにも追い風となるのではないでしょうか。

□個人的には、電気VSガスでやり合ってる地域もあるようですが、ベストなエネルギー供給システムを素直に追求してほしい物です。一方、発送電分離すると既存電力が弱体化して、電気売り同士が乱立し争うようになる。続いてガスもそうなったら、ガス会社同士が乱立し争うようになる。じゃあベストなエネルギー供給を見出す役割を誰が担うのでしょう。潤沢な資金を持った企業はいなくなるでしょうね。とりあえず売って収益上げればOKという企業だらけになるのでしょうね・・。

先入観にとらわれず、本当にベストなものは何なのか。
見抜いていく目を養って行きたいですね。


以上

環境素人
[ 2012/07/03 00:34 ] 建設 | TB(0) | CM(0)

中国、脱ドル機軸体制へ

■さて、国際的に最もメジャーな通貨といえば「ドル」ですよね。実はその前は「ポンド」でした。
基本的に「ドル」は世界共通のお金であって、海外に行くにもとりあえずドルをもっておけばOKだろう。
という感覚をお持ちではないでしょうか。

最近、これに風穴をあけようとしているのが、
中国。

以下、日経新聞の記事の抜粋です。


■人民元、進む国際化(表より抜粋)
日本経済新聞(2012年6月30日朝刊)
・人民元と日本円の直接取引開始
 →狙い:脱ドル依存の戦略を加速
・BRICS域内での通貨交換協定の検討で合意
 →狙い:人民元経済圏の拡大
・人民元建て国債を海外の中央銀行に販売
 →狙い:人民元の国際的地位の向上

■中国の金輸入、急増の怪  真の買い手は人民銀? ドル基軸揺らげば影響力
日本経済新聞(2012年6月28日朝刊)


(中略)

 09年には中国政府高官が「国として金の保有量を8~10年内に1万トンまで増やすべきだ」と述べた。「中国政府は国内に金をため込むことを考えている。金の輸入は自由化しても、輸出は実質自由化していないのが証拠だ」(マーケットアナリストの豊島逸夫氏)

 米ドルの基軸通貨としての地位が揺らいだり、世界的にインフレが進んだりすれば金の価値は高まる。金保有の多い国は国際金融秩序にも強い影響力を持つ。急増する金輸入の裏に政府・人民銀の野心が見える。

 中国は自国の金生産を10年間ため込むだけで3千トン増やせる。中国がいずれ米国(8134トン)を上回る世界最大の金保有国となる可能性は否定できない。市場の謎は再び、突然の発表で人民銀が解くことになるかもしれない。





■要は、世界中で元を使えるようにしたい。ドルに変わる通貨にしたい。
そのために元を信用あるお金にしましょう。
 
ということで、いろんな国(日本・BRICSなど)と交渉して
「ドルを介さずに元とあなたの国のお金を交換できるようにしましょう。」
という活動を始めてるようです。

なおかつ、金を保有していれば、さらに磐石な体制に・・


■金を紙幣に換えるにはまずドルにする必要があります。
つまり必ずドル紙幣というものが取引に必要になってくる。
ブレトンウッズ体制だからこそ、貿易においても最も信頼できる(だって金に変えれるし!)ドルを
決済通貨にしてるんですね。


○補足 金本位制とブレトンウッズ体制
 
 私も経済については勉強中ですので、下記サイトを要約してみました。

 詳しくは↓
 
 ■金本位制
 http://m-words.jp/w/E98791E69CACE4BD8DE588B6E5BAA6.html
 金と紙幣の等価関係が保証されている制度。
 
 ■ブレトンウッズ体制
 http://m-words.jp/w/E38396E383ACE38388E383B3E382A6E38383E382BAE4BD93E588B6.html
 1944年アメリカのブレトンウッズで行われた連合国代表会議により決定した国際通貨体制。
 金と唯一兌換できる通貨が米ドルで、他国の通貨は米ドルと固定相場で変換するという制度。

ちなみに、兌換 だかん(=取り替える)




こういったことを知ると中国がなぜ金を集めているか、狙いが見えてくるような気がします。

□認識違いあれば読者の方、ご指導お願い致します。。

■要は、ドル≒金という状態を世界が信認している、これがドル機軸体制ということではないでしょうか。
じゃあ、米国はいくら赤字になっても、借金しても

お金を印刷≒金鉱脈を当てる

という状態で、常にゴールドラッシュ状態!?
を第二次世界大戦以降作ってしまったと捉えることも出来ます。

■こういった状態に正面から中国が立ち向かっていってる状況なのかもしれません。
(じつはロシアもルーブル機軸を狙っており、この辺は中国と歩みを共にする動きのようです。)
中国の恐ろしさを感じるとともに、しっかりした外交戦略が練られているのだろうと感心します。
それに比べ、日本は無策で情けないですね・・。

■我々日本は米国の核の傘の下で守られている。
米国に見放されると一気に平和が保てなくなってしまうかもしれないのは皆さん薄々感じてらっしゃるはずです。
見放されるというよりも、日本を守っている余裕がなくなってしまう状況が近々来るのかもしれません。
じゃあ、中国の下につくべきなのか?

中国は社会主義の国です。現在が仮に米国の下についている状況で我々が幸せを感じているのなら、
それより幸せを感じられる生活になるかは疑問です。

我々が幸せな生活を送り続けるためには何をすればよいのでしょうか。日本が自立するしかありません。
そのために自分が何をやれるのか、正直私はわかっていませんが、
こうやってつたないながらも文章を書いて
皆さんに何か気付きをいただけるチャンス、
自らの力を蓄えるチャンスをいただければと願っております。


今が当たり前と思っていると、10年後は無いかもしれません。危機感を持ちましょう。


以上


環境素人
[ 2012/07/01 19:17 ] 中国 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。