スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【書籍】「やりたいこと」が見つかる3つの習慣(1ヵ月後/93点)

人生を絶対に後悔しない 「やりたいこと」が見つかる3つの習慣人生を絶対に後悔しない 「やりたいこと」が見つかる3つの習慣
(2011/11/19)
古川 武士

商品詳細を見る


【この本について】
□IT企業、メーカーを経て独立された著者のやりたいことをみつけるための習慣に関する本書。具体的な事例の紹介やツールのダウンロードが紹介されたりと、とても有意義な内容であると感じました。就職活動の自己分析にもオススメの本です。

【感じたこと】
□明確にやりたいことがある人はそこまで多くないのでは、と感じています。
そのやりたいことでお金を稼いで生活している人は余計にいません。

□これは今まで私が属してきたコミュニティがある程度似たものどうしの集まりであるからなのかもしれません。

□自分の就職活動を振り返ってみると、技術だけでなく対人スキルも伸ばしたい、その成長した自分が活躍できるフィールドで働きたい。ずっとこの軸を大切にしてきました。

□じゃあ成長した自分をどう活かすの?ということを考えたときにそのフィールドが今の会社ではないのかもしれないと感じています。

□この数年、今の会社で様々な経験を積んできたからこそ、働く意味ややりがいがどういったとこにあるのかを感じられるようになりました。そういった意味で今の会社を選んだことは正解だったのでしょう。

□いま成長した自分がまた学生時代とは違った視野で様々なことを見渡し、さらに深い何かが見えるようになってきたのかもしれません。本書で言う、「8合目まで上ると、次の山が見える。」という状況でしょうか。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【気になった点(抜粋)】
■「考える」のではなく「感じる」ことで答えはみつかります。

■ワクワクする、面白いといった心の声を聞かないまま自分の外に答えを探しても、何も見つかりません。

■WANT慣性を磨くには
・心のブレーキを外す ・自分の欲求を知る ・行動する ・直観力を磨く

■(行動すると)意外と退屈かもしれませんし、ワクワクする気持ちを強く感じられるかもしれません。

■私たちの生活では「感じる」よりも「考える」ことの方が優位

■直感力を磨くには「感じる」時間を設けること

■3つの習慣 「発見」「行動」「直感」

■やりたいことを見つけた人には、ターニングポイントがあります。それは、人との出会い、情報との出会いがヒントやチャンスに発展したケースが多い

■必然と偶然が折り重なってやりたいことが見つかる場合が多い

■やりたいことは進化、発展を続ける

■やりたいことがあったら素直に行動する、これを繰り返すとWANT感性は敏感になり、・・

■自分を分析し行動して、深めるプロセスをたゆまず歩んでいけば、いつか必ずやりたいことに到達します。

■心のブレーキ
・「しなければならない」という義務に追われている状況
・「どうせ自分には出来ない」「自信がない」
・「どう思われるか」他人の評価を過剰に気にして動けなくなること
・家族や上司など周囲の人から「してはいけない」「すべきではない」「どうせ無理だ」「まだ早い」などと、実際に否定、反対される状況

■やりたいことは3つのレベルで考える。
・いますぐ ・1年 ・10年

■個性を尊重し、個人の自由な選択に任せるといった時代の空気が、個人を路頭に迷わせていることにつながっている。

■やりたいことは今の環境で出来る場合も多くあります。

■「8合目まで上ると、次の山が見える。」

■すでに日常に触れていることの中に、「やりたいこと」の種はある。

■好きなことを追求すると、人も情報もチャンスも集まってくる。

■1日10分WANTを考える習慣を持つだけで劇的に毎日は楽しくなり、1年間は充実し、夢が見つかります。

■やりたいことは年齢や環境で変わっていきますが、欲求は大きく変化しません。

■ミニ四駆に熱中した男性のクライアントさんによく聞いてみると、楽しかった、ワクワクしたポイントが、みなさん違うのです。

■手がかりは、過去の体験にあります。

■自分欲求を探すときには、特に小学校までの体験までを思い出として探るのが効果的です。なぜなら、子どものころは他人の目を気にせず、自分欲求が前面に出た活動をしているケースが多いからです。

■直感的に思いついたことを、理性で実現可能性、現実的可能性や論理一貫性をチェックし、それに対してさらに直感が働き、結果的にWANTが確信に変わります。

■常に直感と理性を働かせている状態で「葛藤」が続いていたとしたら、それは新しい生き方が見つかる必然的なプロセス
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【もう一度手に取る時期】
□ 一ヶ月後 にもう一度読んで見たいと感じました。

採点93点

以上

環境素人
スポンサーサイト
[ 2013/03/26 21:41 ] 【書籍】自己啓発90-95点 | TB(0) | CM(0)

原発再稼動「望む」67.5% 日刊工業新聞(H25.3.22)

原発再稼動「望む」67.5% 日刊工業新聞(H25.3.22)

■日刊工業新聞社は中堅・中小企業を中心に組織する全国の産業人クラブの会員企業を対象に「原子力発電所の再稼動」についてアンケートを実施した。それによると再稼動を望む企業は67.5%を占めた。また燃料費の増大による貿易赤字を再稼動によって縮小するべきだとする意見は39.8%に上った。原発の新設についても48.1%が容認するとしている。今夏の電力不足の不安を感じる企業は28.9%だった。


□上記のアンケートに違和感を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

□その原因は、テレビの報道番組によって、国民全員が原発反対であるということを前提に様々な報道がなされているからではないでしょうか。

□震災以降の流れを下記で表現します。

1.大震災発生⇒2.とりあえず危ないので原発全部とめた⇒3.火力発電で賄う⇒4.燃料費高い⇒5.電気代上がる⇒6.企業の収益を圧迫⇒7.お父さんの給料が下がる⇒8.家のご飯の質がさがってきた

□我々国民が選んだ民主党は上記2へ舵を切りました。そして、現在は5の状態です。

□お茶の間の主婦レベルまで、なぜ電気代が上がるのかという根拠が浸透するのはおそらく8になってから。
8になるまでは、TVの情報によって高給取りの電力会社がとんでもない経営をやってきたせいだ、という雰囲気に流されてしまうでしょう。

□結局、現在の状況は初めから分かっていたわけで、民主党を選んだ我々国民に責任があると言い換えることも出来ます。

□今回のアンケート結果より、企業で働くお父さんは5から6の時点で、原発にある程度依存しないとやっていけないということに気づいているということが分かるのではないでしょうか。

□原発が止まったら、電力会社が安易に国民に電気代の引き上げを押し付けるのがおかしい、という点については、もちろん企業努力である程度の値上げを回避する手もあるでしょう。しかし、原価に対する人件費の割合はそれほど高くない。結局、人件費をいくら下げようが、委員会のメンバーが納得するまで下げろ、といういわゆる精神論でしかないのです。

□TVのニュースが、冷静に電気代が上がるメカニズムを説明し、国民が幸せになるために本当に必要なことは何なのかを明快に説明してくれればよいのですが、いろんな政治力が働いているとしか思えないくらいに、原子力に批判的な内容ばかりです。

□もちろん、私は究極的には原発反対です。すべて自然エネルギーで賄って、資源を奪い合う必要のない世界が実現できればよいという理想を抱いています。

□ただし、今原発を止めて火力と再生可能エネルギーで国のエネルギーを支えれば、多くの工場は倒産に追い込まれ、理想を実現する前に国力は停滞し、資源を売ることで力を持つ企業や国がその理想を阻むことでしょう。

□これらのことを分かった上で、というかおそらく分かっているであろう安倍首相には、現実的かつ理想へ向かう夢のあるエネルギー戦略を描いて欲しいと切に願います。

以上

環境素人
[ 2013/03/25 21:54 ] エネルギー | TB(0) | CM(0)

【書籍】あなたを変えるたった一つの小さなコツ(半年後/84点)

あなたを変えるたった1つの「小さなコツ」あなたを変えるたった1つの「小さなコツ」
(2012/04/26)
野澤卓央

商品詳細を見る


【この本について】
□失敗や悩みについて2000個以上をノートに書き出し、1000人以上から2000個以上のアドバイスをもらったという筆者による成功のコツが記されています。

【感じたこと】
□死生観をもつことで、自分のやりたいことが見えてくる。
では、死ぬとなったときに何をしたいかということを考えたことはありますか?

□私なりにふと考えてみると、
「自らが深く関わった友人・知人・そして家族に感謝を伝えること」でした。

□自分がいい人と思われたいから、というわけでなく、
相手に相手自身の存在価値を認識してもらう
相手に相手自信のことを好きになってもらう
それによって、その人自身に「良い人生を送ったな」と感じて欲しいからです。

□こういった点から、私は「人が希望を見出せるような仕事」を求めているのかもしれません。

□私は現業務に対して不満や違和感を持っています。
今の仕事が日本経済の発展に役立っていないのではないか、長期的視点で捉えたときに会社として本当に意味のある活動と思えない、(裏を返せば事業計画に納得がいっていない)、業務自体に適性◎とも感じず、その業務知識を深めることに面白みや興味を抱いていないといった点です。

□自身が転職してやりがいを見出せる職業としては、
人々が希望を見出せるような政策・提言を行う業務、人の長所を見つけ活かす業務、会社を正しい方向へ導く(人々の役に立てる=社会のニーズとマッチした)計画策定業務などでしょう。

□本書を読んでいくと、
1.人がやっていることは気にせず、自分が正しいと思うことに対して、考えすぎずに自然体で行動する。
2.自分に課した目標をクリアしていくことで自分に自信がつく。
3.一瞬一瞬に自分が出来る100%を出していく。

これらをやることでイキイキと充実した日々を送れるということが見えてきます。

しかし、1.の考えすぎてはダメで自然体で行動せよ

この対象が「転職」となると、単純には行かないもので・・
ただし、直感では「動きたい」と感じているのも事実です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【気になった点(抜粋)】

■現実を知る、自分を知る、理想を知る、行動する、見直す。

■「当たり前のこと」は、そうすることが一番確実で成功するから「当たり前」になるのです。

■人は自分をどんな環境に置くかを選ぶことだけはできる。目の前に現れた選択肢の中で、より良い環境に自分を置いていくことが大切なんだね。

■選んだことに集中しよう。

■私たちは相対の世界に生きている

■自分の人生を宝物にするには ⇒ 死生観を持つ

■劣等感に振り回されているなら ⇒ 違いは比べるためでなく生かすためにあると知る

■根拠のない将来への不安をなくすコツ。それは、自分で決めたことを守りながら暮らすこと。・・自分の決めた約束事を守れるようになることで、自分自身への信頼が高まっていきます。

■自分が決めたことを守りながら生きることが、充実した人生を送る一番の近道なのかもしれないな。

■始める時は普通がいい。気負ったらだめ。平常心で目の前のことに打ち込み、そのことを体にしみこませる。

■プラス思考を貫いた人たちは「人生は思った通りになる」と分かっているから、やめないんだ。

■心を込めて1000日続ければ何かが変わる。

■今でも自分のいる環境に甘え、ぬるま湯につかっているように感じたら、それ以上のものを学ぼうという気持ちで、違和感のある環境に飛び込むことにしています。

■現状に不満があり、何かを変えようと思うときにやってはいけないこと。それは「考えること」です。

■日々イキイキと生きている人は、知識を学ぶこと以上に、自分の持てる力を毎日100%出し切ることを大切にしている。

■一瞬一瞬を与えられた場所でこれまで学んできた力を100%使って、目の前の人のために出し切る。それが日々をイキイキと楽しく生きていく方法なのでしょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
半年後 にもう一度読みたいと感じました。

採点84点

以上

環境素人
[ 2013/03/24 22:41 ] 【書籍】自己啓発80-85点 | TB(0) | CM(0)

太陽光発電と原子力 エネルギー政策の最適解

■太陽電池 輸入品が席巻(産経新聞 H25.2.27)以下、抜粋
・国内出荷量の内訳をみると、輸入製品が341,523kWを占めた。国内シェアは34%に上り、前年同期比10ポイント上昇した。中国メーカーなどが国内メーカーに比べ2~3割安い価格帯で売り込んでおり、日本市場の侵食が進んでいる。

・再生可能エネルギーの利用が進むドイツでは中国などの進出で価格競争が激化し、かつて世界最大手だったQセルズが破綻した。日本勢はパネルを逆輸入するなど巻き返しに必死だが、中国メーカー関係者からは「ライバルは日本企業ではなく、中国や台湾の同業者」との声も上がっている。

□太陽光の全量買取制度。
これは通常の電気代が15~20円/kWh程度だとするとその倍の42円/kWh(H25以降は38円程度に下がる予定)で太陽光で発電した電力を買い取ってくれる制度です。
発電設備代も10年程度で回収できるような制度設計になっており、まあ確実な投資とされています。

□ではそもそも、この制度は何を狙いとしたものなのでしょうか。太陽光だけでなく、他の再生可能エネルギーも全量買取の対象となりましたが、下記をご覧ください。


■「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」とは(新制度)(経済産業省 資源エネルギー庁HPより)

自然豊かな日本には、大きな再生可能エネルギーのポテンシャルがあるものの、コストが高いなどの理由によりこれまで十分に普及が進んできませんでした。
この制度により、エネルギー自給率の向上、地球温暖化対策、産業育成を図ると共に、コストダウンや技術開発によって、再生可能エネルギーが日本のエネルギーを支える存在となることを目指します。

□再生可能エネルギーを増やせば、エネルギー自給率は向上するし、環境にも良く、日本企業ももうかる!
ということを目的としています。

□しかし、さきほど紹介した記事とは矛盾していますね。
すでに、国内シェアの3割以上が海外メーカーに奪われている。つまり、国民全員で負担したお金、いわば準税金のようなお金を海外に渡しているということになります。

□たしかに、エネルギー自給率は若干向上するかもしれませんが、太陽光は天候によって発電する量がばらつく。このばらつきが多いと電力の周波数が安定せず、極端な話、工場の中の機械が壊れてしまいます。

□そうならないために、原子力でフラットに発電し、需要に合わせて火力発電等の出力が調整できる電源で調整することで安定した周波数を保っています。

□これを実現するためには、大量の蓄電池等の調整機器が必要となる。つまり、電力系統に莫大な設備投資費用がかかるのです。

□ということは、再生可能エネルギー促進賦課金(電力会社が高値で買い取った分を国民で負担するお金。現在は0.22円/kWh ちなみに太陽光発電促進付加金は0.05円/kWh)の負担に加えて、電気代自体が上がる。さらに、原子力の停止で電気代は上がっている状況ですね。

□以上のことをまとめると、
・国内の市場は海外企業に食い荒らされている。=国民のお金は国内に還流せず海外企業へ。
・日本企業の育成には至っていない。(現にシャープ・京セラは世界18位、19位に陥落しています)
・電気代は上昇し、質は低下。=国内企業(工場)の競争力低下

□一個人として自然エネルギーで国のエネルギーを賄えれば化石燃料は必要なくなるので、理想ですが、どうもその理想郷にたどりつく前に国が衰退していく制度設計になってしまっている感があります。


■中国太陽電池最大手が破産=サンテック、市況悪化で(時事通信 3月20日(水)23時30分配信)

【上海時事】新華社電によると、中国江蘇省無錫市の中級人民法院(地裁)は20日、太陽電池中国最大手の尚徳太陽能電力(サンテックパワー)の破産手続きを開始することを決定した。過剰供給に伴う市況の悪化や中国製太陽電池パネルに対する米国の反ダンピング(不当廉売)関税導入などを受け、同社の経営は急速に悪化していた。
 同社のキング最高経営責任者(CEO)は声明で、「再建計画は評価作業中だが、顧客には引き続き高品質の製品を供給する」と強調。今後は地元当局主導による再建が図られる見通し。 


□中国の最大手の企業は破綻。ドイツの最大手の企業も破綻。
□どうも国の制度設計に依存する太陽光発電機器を売るには、突然買取価格が下げられて需要が一気に落ちたりするなど、いろいろと難しいことがあるのかもしれません。

□国内企業を守りながら再生可能エネルギーを普及させるしか、理想郷の実現には道がない。
とすれば、制度においても、地域振興と組み合わせ地場産業が作った太陽光発電装置を使いなさい、であったり性能基準を設け、日本の企業に有利となるような制度になっていないといけません。

□これを巧みに仕掛けておけばドイツのように制度が破綻することもないのでしょうが、今のところそのような兆しも見えてこず、日本国内は原子力反対で自分の首を絞めている状況ですね。

□原子力は止めたい。でも今止めたら経済は疲弊する。この課題を再生可能エネルギーでクリアするには相当な時間がかかる。ならば、原子力は将来止めるものとするけれども、ソフトランディングでやっていきましょう。

□おそらく、これが最適解であることは多くの方々が承知のはずです。
しかし、原子力がなくなっては困る国もいれば、安全保障上原子力がなくて本当に大丈夫なのかといった点。さらにはマスコミ報道で原子力アレルギーとなった国民を前に、選挙を控えている点。
などなどを踏まえると首相がその最適解を口に出すことは一国のリーダーとして非常に困難でもあります。

□ただ単に歴史に名を残したいからという理由だけで、思いつきですべての原発を止めてしまったり、国益を踏まえずんい軽率な行動や発言を繰り返すような元首相とは現在は違うわけで、すこしでもこの最適解に向かって進んでいくことを期待したいものです。

以上

環境素人
[ 2013/03/23 22:39 ] エネルギー | TB(0) | CM(0)

【書籍】大好きなことをやって生きよう!(10年後/81点)

大好きなことをやって生きよう!大好きなことをやって生きよう!
(2012/12/20)
本田健

商品詳細を見る


□最近、自分が本当にやりたいこととは何なのかを考えることが多いです。
ずっともやーっと考えてはいるのですが、就職活動以来久々にこういった書籍を購入しました。
□就職活動は、自分で悩みぬいて結論を出せば、それが自信となって現れて、どんな面接でも受かる!
また、悩みぬいた答えは、将来の自分を支えてくれるものだと信じていました。
□しかし、そこまでかんがえていたつもりでも、やはり悩む事は悩むようです。

□以下に印象に残った点を挙げていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■大好きなことをやるのに、いったい何歳までまつのでしょうか?

■ずっとこのままもイヤだけど、生活のことを考えると、今の会社を辞めるのも怖い。
□まさに、私、この気持ちです。

■そもそも、好きなことが何かわからない。
□なんとなくわかっているようで、わかっていないんですね・・。

■嫌いな仕事にずっとしがみついていると、最終的には、仕事だけでなく、それをやっている自分のことも嫌いになってしまいます。
□今の仕事が嫌いなわけでもないですが、その仕事が自社のため、日本や地域経済のために役立っているのかと考えるとすこし違う気がします。また、自らの適性と興味からも少しずれていると感じています。このあたり、入社以来ずっともやもやしているのですが、今もずっとその感覚は変わりません。

■大好きなことをやっていると未来はすばらしく感じられるのです。

■自分の本当にやりたい頃をやらないのは失敗が怖いからです。

■最終的にあなたの両親も、パートナー、子ども、友人、上司、取引先の人たちの誰もが、あなたの幸せに責任を盛ってくれるわけではありません。
□自分の思いや、自社を取り巻く環境とその行く末、こういったものはいくら人に語ってもなかなか伝わりませんね。

■転職するにしても、会社の規模や安定度を筆頭に、福利厚生や将来性ばかりに意識が向いてしまい、「自分が好きなことができそうか、どうか」という視点は二の次になりがちです。
□堅実な性格の私にはまさにあてはまります・・。

■人生を大きく変えるタイミングには、ある種の共通点がある
1.リストラや売り上げの急減 2.本人や家族の病気 3.破産、自己 4.ものごとが完了したとき 5.人間関係のトラブル、男女関係の破綻 6.誰かとであったとき

■「大好きなこと」の7つの側面
1.やっているだけで、楽しくなること 2.周りを楽しませ、幸せな気分にさせること 3.自然とやってしまうようなこと 4.生まれ変わってもやりたいこと 5.お金をはらってでもやりたいこと 6.いつもまわりにほめられたり、「もっとやったら」と薦められること 7.少しでも時間があればやってしまうこと

■たいていの人は社会人になってから、不思議な偶然によって、大好きなことに出会っているようです。

■大好きなことで生きるために、必要ないもの
1.才能 2.時間 3.お金 4.やる気

■才能は、途中で開発されるもの・・違いを作ったのは、「やり続けたかどうか」

■時間があれば好きなことが出来ると思っている・・こういうタイプは、退職後、暇をもて余す

■本当に好きなことに出会ったとき、人は、自分の中からつきあがってくる情熱を抑えることが出来なくなる

■一番大切なのは、自分に対する好奇心です。「本当に自分らしく生きるとしたら、いったい自分はどんな人物になるのだろう」という好奇心です。

■もう、あなたは自分の大好きなことを知っている。・・知らないふりをして生きているだけ。

■あなたが何をしているときに楽しそうに見えるか、周りに聞いてみればいいのです。

■あなたが最近、心から「楽しい!」と思ったのはいつでしょう。

■自分の感情をしっかりと認識してあげることです。

■人は、どのように好きなこととであうのか?
1.ごく小さい頃に出会う 2.本や雑誌、テレビで見つける 3.人の紹介で出会う 4.直感的にわかる

■気になる方向に行くのが、大好きなことに近づく一歩

■才能をパッケージ化する

■過去に「やりたい!」と思っていながら、ついにできなかったことはありますか?

■何かをやって、それがうまくいかなければ、元の仕事にもどってもいいのです。

■「人生は楽しむためにある」と考えるのか、「人生は修行だ」ととらえるかでは、あなたの人生は全く違うものになるでしょう。

■スキルなしでは、何年その活動をやっていても大して成長することはなく、同じ状態になる

■自分がやりたい仕事をどの部署でやれるのか、リサーチが必要です。

■夢がかなわない人には夢がはっきりしていないという共通点があります。

■具体的なイメージがわいて、頭から消すことができないくらいにならないと、人は動きません。

■自分が何をどうやればいいのか・・朝から晩までものをつくっては壊している人は、大きくなったらエンジニアになったり設計士になったりします。

■20歳になったころには、もうすっかり自分のやりたい事なんて忘れてしまいます。そして、就職活動をやる頃になって、あわててほんとにやりたいことについて考えるようになります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
□この本を読んだのでやりたいことが見つかった!というわけではないですが、自分が本当にやりたいと思うことを早めに見つけ、それに対して極力たくさんの時間を掛けることこそが幸せの鍵になるのかもしれません。

□自分が没頭して時間が過ぎるのを忘れてしまうときは、
作曲しているとき、作文(このブログを書いているとき)、いろんな知識をネットで調べているとき、いろいろと考え事をしているときでしょうか。

□人からは、先見性がある、人が考えないことを考えている、独特の感性があると評価されることがあります。

□小学生時代には何度か雑誌に自分の文章が掲載されました。作文で賞をとりました。中学、高校と作文は受けが良かった。そして、自分で作った曲を友人に聞かせて楽しんでいました。

□こういった点から判断すると、何かしら自分で調べたり考えたり創造したものを、作品として纏め上げ、だれかに評価されたり、人や社会に影響を与えるようなことに楽しさややりがいを見出せるのかもしれません。

□この辺りのスキルを伸ばすには、文章力をまずは高めないといけませんね・・。当ブログを書きながらも、文章のつたなさに腹が立っています。

□私は技術屋ですが、モノや機会に対する興味が薄く、計算も嫌いです。
まあそれなりに多くの技術系の資格を取得してきましたが、それでもあまり技術の深い内容に興味は持てませんでした。それよりも社会情勢や芸能情報や競走馬の血統を調べているときの方が何倍も時間を短く感じます。

□技術の中身よりも、その技術をどう広めていくのかであったり、社内の計画や目標値がおよぼす社員へのモチベーションであったりの仕組みや計画策定といった方面に興味が沸くようです。

□こんな人に会う仕事って何なんでしょうか。
引き続き自分探しの旅を続けていきたいと思います。

10年後にまた読んでみたいと思います。


採点81点

以上

環境素人
[ 2013/03/22 23:19 ] 【書籍】自己啓発80-85点 | TB(0) | CM(0)

なにやらややこしいメタンハイドレート

□こちらのブログにアンカーにおける青山繁晴氏によるメタンハイドレートに関する話が記載されています。
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid1349.html

□経産省が長年プロジェクトを進行してきた太平洋側の泥交じりのメタンハイドレートに対して、すでに結晶化した日本海側のメタンハイドレートは、実はそのまま燃やして使えるレベルとなっているのです。

□さらに、この青山先生の奥様、青山千春博士が魚群探知機を用いて、メタンハイドレートを探知する技術を開発したというのです。

□これは日本にとって朗報!

と単純に思えない点が、世界の仕組みがいかに複雑かということを現しています。

問題点1.世界のバランスが崩れる。

□石油資本であったり、化石燃料が経済活動の根幹をなす国にとって、メタンハイドレートによって既存の化石燃料の必要性が小さくなれば、化石燃料が産み出す富は激減します。

□シェール革命によって、米国が天然ガス輸入国から輸出国になってしまったことは記憶に新しいかと思います。これであせったのがロシア。ロシアはガスプロム、ロフネスチという国有企業がロシア内のエネルギーを牛耳った後に、原油価格がMAX147ドル/バレルまで高騰し、急速な経済発展を遂げました。

□しかし、シェール革命はロシアの脅威となります。ロシアのガスよりも安いものが市場に出回れば当然ロシアの天然ガスは売れなくなる。そういった意味でも、何とかお客さまを囲んでおきたい、なおかつ他の産業も育てなくてはならない、という状況から日本に歩み寄りを図っています。

□日本は原発停止で高い天然ガスを他国から買う羽目になっています。少しでも仕入れ先を増やして、ガスを安く購入していきたいという日本の思惑とロシアの思惑は一致するのです。さらに、日露の協力は中国のけん制という意味でも両国にとって大きな意味をもちます。この日露が協力したいという思惑の一致と北方領土問題の解決(妥結?)には密接な関係があると考えられます。

□少し話はそれましたが、日本がメタンハイドレート輸出国になれば、世界の勢力地図は大きく変わるわけで、極力それを避けたいという国や企業がいるはずです。 

問題点2.経産省のメンツ
□何百億円掛けて開発したのに、独立系シンクタンクが安価な技術で成し遂げた採掘事例に劣るとなっては、、
組織に属している方々ならなんとなくわかる感覚ではないでしょうか。

□また、日本海側のメタンハイドレートを狙って、他国が尖閣同様にいちゃもんをつけてくることも十分あり得るわけで、太平洋側から結晶化したメタンハイドレートが見つかれば安全保障上もベストであったのかもしれません。
韓国がなんとしても竹島を確保したい理由はメタンハイドレートです。

□一方、各自治体の首長レベルにまではそういった他国?の魔の手が襲ってこないのでしょうか。各県知事と青山氏が協力して、独自にメタンハイドレートの調査を行ってくれています。


□一方、下記の小説では、いわゆる掘り過ぎによって誘発される地震の危険性について、十分検証がなされぬままに、資源開発が加速していくことが予見されています。
燃える氷燃える氷
(2003/05)
高任 和夫

商品詳細を見る


□どこか、原子力を手に入れようとしたかつての日本の姿と重なる部分もあるのではないでしょうか。

□なにやらわかりませんが、世界のバランスがどうも崩れだしたような気がしてなりません。
一市民として言えることは、いくら不景気であっても、戦争がなくてそれなりの生活が出来る今が幸せだということです。

□勿論、日本が自立していて欲しいわけですが、それは他国が襲ってくるかも、奪ってくるかもという恐れからくるものです。

□中国のいわゆる中華思想というものは、数千年の間、周囲を外的に囲まれた中国ならではの発想で、常に侵略されることを意識しているからこそ自分たちの勢力を大きくし続けようとするのかもしれません。

□一度こういった歯車が動き出すと、停められないような気もします。
[ 2013/03/21 22:38 ] エネルギー | TB(0) | CM(0)

【書籍】私の財産告白(10年後/79点)

私の財産告白私の財産告白
(2005/07/10)
本多 静六

商品詳細を見る


□この方、給与の1/4を常に貯金しつつ、それを原資に国鉄や開発前の山林を安値で買い漁り、経済発展と共に、大もうけした方。しかし、死ぬまでに匿名で財産は寄付された偉大なお方。

□といいながらもただの資産家ではなく、有名な造園家であり、日比谷公園や奈良公園、大濠公園などに関わっておられます。さらに370冊余りの著作を残されたという点もまた偉大です。

以下、印象に残った点をあげていきます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■投資の第1条件は安全確実である。しかしながら絶対安全をのみ期していては、いかなる投資にも手も足も出ない。だから、絶対安全から比較的安全、というところまで歩み寄らねばならぬ。
□投資したお金は買い物に使ったものと捉えておけば、多少のリスクを背負ったとしても、20%くらいの損失であれば、痛くもかゆくもありませんね。

■人生の最大幸福は職業の道楽化にある。富も、名誉も、美衣美食も、職業道楽の愉快さには比すべくもない。
□まさに、目指すべきところはここですね。しかしその対象が今の仕事の延長線上にあるのか、それとも別の道にあるのか、悩むところです。どうしても後者の方が光り輝く道に思えてしまいますが、一種の逃げもあるかもしれませんね。

■あらゆる通常収入は、それが入ったとき、天引き1/4を貯金してしまう。
□独身の方にはぜひオススメしたいですね。

■貯金がある程度の額に達したら、他の有利な事業に投資するがよい。貯金を貯金のままにしておいては知れたものである。

■「本多の財産」であった私の財産が、ここに至ると逆に私をとりこにして「財産の本多」といった主客の顚倒を起こしそうになった。
□財産目当てで怪しい輩が接触してくるのでしょう。そういった人脈はどうも胡散臭いですね。

■四十歳になったときには、大学の俸給よりは、貯金の利子や、株式配当の方がズッと多くなり、三十年過ぎた六十近い頃には、数百万円の貯金、株式、家屋等のほかに、田畑、山林一万余町歩、・・
□一攫千金を求めてリスクを取ったわけでなく、あくまでも余剰のお金からここまでの資産を築いたという点がすばらしいですね。


■経済的な自立が増すにつれて。勤務の方にもますます励みがつき、学問と教育の職業を道楽化して、いよいよ面白く、人一倍に働いたものである。
□これは、新たな知見でした。お金という目的がないと仕事に行く気も起きない、という状態は現状の仕事が道楽の対象にはなりにくいということかもしれません。しかし、現状の仕事を極めればそこから道楽化の道が開かれる可能性もある。
 私事ではありますが、若手ながら今の仕事に何か違うな、自分の適性ややりたいと思っていることと違うな、ということを感じながらも、現時点では見切りをつけにくいというのが正直な、今の私の仕事に対する感じ方です。


■「幸福とは何ぞや」という問題になってくると、少しやかましくなってくるが、それは決して親から譲ろうと思ってゆずれるものでなく、またもらおうと思ってもらえるものでもない。畢竟、幸福は各自、自分自身の努力と修養によってかち得られ、感じられるもので、ただ教育とか財産さえ与えてやればそれで達成できるものではない。
□幸福を得るためには、努力であったり、修養が必要であるということですね。
仮に、突然宝くじが当たって、何不自由ない暮らしが出来たとしても、それだけでは、自分自身が社会にどういった責任や役割を果たせるのか、と思い悩み、結局幸せにはなれないのかもしれません。


■少し金が出来てくると誰にも必ずこの賃借のトラブルが起きてくる。何人も心を鬼にして最初から一切融通に応じない方針を厳守するよう、私は私の体験からみなさんにおすすめする。

■「好景気。楽観時代は思い切った勤倹貯蓄」「不景気、悲観時代には思い切った投資」
□現在は、好景気の入り口ではないか、という雰囲気ですね。


■討論で自説の誤っているのに気付いたら、その場でむしろ気前よく降参して、自説の改新を行ってゆくことだ。変異ネバネバしていつまでも自説を固執しているよりも、どんなにか男を上げることになるか知れない。

■常に次から次へと勉強の先回りをやってきた。大尉に任ぜられたときは、少佐に昇進する年限を3年と考え、その初めの半分の一年半に、大尉としての仕事を十分に勉強し尽くした。そうしてのちの1年半に、少佐に昇進したときに、必要な事柄について一所懸命勉強した。
□ビジネスパーソンならば肝に銘じておくべきことかもしれません。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
□ ただ単にお金持ちになったのではなく、この方が留学先のドイツである教授(財務面におけるメンター的な存在)に出会い、その教えを守るために一生懸命考えながら努力した結果、大きな財産を築いたという点が重要ではないでしょうか。また、その後も1日1頁文章を書き続けるという修養を続けたからこそ、幸福な人生を歩まれたのかもしれません。

□ お金の奴隷にはならずに、経済的な不安を取り除く程度の財産を気付いた上で、自らが成し遂げたいことを見つけ、それに対して努力し続けること、そしてそれに没頭できることが幸福なのかもしれません。

□ 自らが成し遂げるべきことを見つけ、それに対する努力を続けた結果、社会に良い影響を与え、自らの足跡がのこるような人生を歩めることが、私の目標です。

□ 10年後 にもう一度読みたいと感じました。

採点79点

以上

環境素人

[ 2013/03/20 17:12 ] 【書籍】お金76-79点 | TB(0) | CM(0)

【書籍】2014年までにお金持ちになりなさい(2年後/86点)

2014年までにお金持ちになりなさい2014年までにお金持ちになりなさい
(2012/06/21)
菅下清廣

商品詳細を見る



□2014年までに、というのが気になりますね。
以下、印象に残った点を上げていきます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■デフレから抜け出すには、・・・・日銀が今後、強烈な金融緩和を実行に移していく必要があります。

■政府は新しい需要を掘り起こす必要があります。振り返ってみるとこの20年、日本には独自の新産業というものがまったく生まれてきませんでした。この間、適切な経済政策がまったくなされていなかったという証明です。

■この円高・株安不安は政策不況だということです。

■短期的・・3・11後の東日本の復興 長期的・・新エネルギー分野、高度情報化社会に対応した新しい情報通信産業

■いまの日本列島は20年以上、大バーゲンセールを続けてきました。

■去年の11月25日、株価が8135円で底入れした日です。この日は、奇しくも大阪ダブル選挙の日だった。

■政界再編とデフレ脱却で日本経済・株価は底入れする。そのビッグチャンスを見逃すな!

■10年以内に中国との貿易や、アジア各国同士の貿易決済に人民元を使う国が増えていくでしょう。・・ドルは北米経済圏だけに流通する通貨になっていく。

■世界はブロック経済化するということです。北米経済圏とアジア経済圏とユーロ経済圏に分かれていくことになるでしょう。
□日本は先日TPP交渉の参加を表明しました。これはもはや貿易の枠組みではなく、安全保障同盟に結びつくものであって、日本が入らざるを得ないものであると私は考えています。
各国からのアベノミクス批判に対して、米国が主導して「日本の政策は通貨安競争を誘導するようなものでない」ことを認めた背景には、TPP参加が条件になっていたり、尖閣防衛の約束を取り付けていたり、両国のなんらかの取引がなされているということも十分あり得る話ではないでしょうか。


■キャッシュフローを産むものを探すことが、2014年にあなたがお金持ちになる秘訣です。

■金の上昇は将来のアメリカの衰退を表す指標
□以前、当ブログにて学んだように、ブレトンウッズ体制の下、金は唯一ドルと交換できる金兌換性を有しています。ドルへの信頼が落ちた場合、世の中のお金持ちはドルを売って、より信頼できる金を購入します。金にお金が流れれば、ドルの価値は下落し、金の価格は上昇します。つまり、金が上昇するということは、ドル、つまりアメリカの国力が減退していることを現すということでしょう。

■国家トレンドとは、政界・・・技術革新を促進するリーダーシップ・・・マスコミ

■金の出発点は1オンス700ドル・・・長期トレンドで価格が3倍から4倍になったらほぼ天井

■日経平均株価が1982年10月に6800円台で底入れした。その7年後、バブルの絶頂のときが4万円の手前でしたから5.5倍ぐらいになった。これが一番スケールの大きい相場でしたが普通は3倍です。

■ユーロが崩壊、分裂する可能性はきわめて低い

■新しい経済の仕組みはほとんどが米国発・・・異質なものを歓迎する国です。日本はそういうものを歓迎しない国です。・・技術革新によって再び世界のリーダーとして復権する可能性が高い。

■元金を減らさないためには国債に投資するのが一番手堅い手法です。

■日本の円に対して耐久力のある国はBRICS+4

■中国の経済成長は2020年、2030年まで続くでしょう。中国の経済成長の恩恵を受ける国の通貨や国債に投資するのはおもしろい

■まず第一に手持ちの元金を減らさないことが大事です。

■最初にあげた日銀の経済政策が転換されるときです。
□日銀が物価目標2%を提示し、総裁も交代がきまった、今でしょ。

■アメリカの金利が上がって、日本の金利が追随する。この両方を脱デフレのサイン

■脱デフレとは、インフレ期待の時代・・久方ぶりの資産倍増の時代

■2013年の前半には少なくともデフレの終わりが始まります。これが第1ステップです。

■第1に、元金を損なうようなものには投資しない。第2に、流通性・換金性の低いものには投資しない。そして第3は、キャッシュフローに富むものに投資する。・・それは外国の国債です。

■ブラジル国債は金利が10%

■ます1番目が資産価値の高い会社。輸出関連の・・円高で売られた企業。資源・エネルギーをたくさん保有している企業。
□ようするに、デフレで痛い目にあった不動産、金融、メーカーが復権するということでしょう。それから商社。資源高騰は原材料費が上がるためメーカーには痛手ですが、商社にとってはおいしい話ですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

□デフレ脱却の始まったいまこそ投資の始め時ということでしょうか。小額でも始めてみようかな、と思います。

□この本、実は安倍政権に変わる前に出版された本なのですが、見事に政権交代後の動きを言い当てています。
社会の動きはある程度予想できるということかもしれません。

□社会の動きとお金の動きは面白いほどリンクしているようです。有意義かつ勝率も高く、学びのあるもの、それが投資なのかもしれません。

□ただし、勝ち負けがあるような投資ではなく、必ず元金を確保しながら手堅くお金を働かせることが重要です。

 2年後 にもう一度読んでみたいと感じました。

採用86点

以上

環境素人
[ 2013/03/18 23:03 ] 【書籍】お金86-89点 | TB(0) | CM(0)

【書籍】パクリジナルの技術(1年後/87点)

パクリジナルの技術 ~何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか~ (経済界新書)パクリジナルの技術 ~何をパクリ、どうオリジナルを生みだすのか~ (経済界新書)
(2012/12/15)
木下 晃伸

商品詳細を見る


□書店にて立ち読みしていると、すっと内容に引き込まれていく感覚があったので購入しました。
以下、印象に残った点を揚げていきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


■「ヒト」にフォーカスを当てることが大切になってきます。

■ヤマト宅急便も・・・・フェデックスをカンニングして、コピーしたというのが始まりです。

■奇才からインストールしたアイデアによって、あなたも奇才になっていくのです。

■奇才や金持ちをコピーした方がいいことには気付いている。

■奇才の言葉を引用して、・・・・一日一個でいいから書いていくと、それだけで365個もの奇才のアイデア・・

■カンニングして、コピーした内容をまるでアナリストのような顔をしてはったりをかましている。
□なんとなく学ぶよりも、パクッてお客様の前でこのネタを使ってやろうと意識した方がよほど勉強になるということなのかもしれません。
□アウトプットを常に意識してインプットしていくことにもつながります。


■自分を否定したりする人は「具体的な代替案」を提示していないのです。
□「否定」が一番簡単な意見であるため、私は否定を安易に用いず、「代替案」を提示することで議論を深層に進行させようと日々心がけています。

■日本の2000年の歴史の中で、大きく時代が変換したタイミングというのは、ほとんど海外からのパクリジナルで成立しているのです。

■私が日本史を考える上で、とても良かったのは、

日本史集中講義―点と点が線になる (祥伝社黄金文庫)
です。

■日本人は、旧体制を立てつつ、だけど革命を起こし時代を変えていく人に共感を覚える。

■本城式英会話スクールでした。まさか、発音をネイティブ並みにすることができるなんて・・。

■能で「守・破・離」というものがあります。能のお師匠さんに言われたことを全部守る。そうすると途中で破れる。どうしても自分のオリジナリティってものが出てくる。そうすると次にやってくるのは離れる、ということになるのです。

■「神は細部に宿る」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
□ノウハウよりも、奇才の思考回路を自己に染み込ませていく、その過程で自分らしさも滲み出してくるのかもしれません。

□よく自分自身のメンター(仕事や人生に効果的なアドバイスをしてくれる相談者のこと。トロイ戦争に出てくる名教師の名前に由来 出典はてなキーワード)を見つけなさいと様々な本に記載されています。
奇才を自分のメンターと設定し、場合によっては実際に会うことによって、自分自身を高めていくと効果的なようです。

ちなみに、私には今現在、メンターがいない状況です。

□まずは、スティーブ・ジョブズであったり、孫正義であったり、そういった方々がなぜ成功したのかについて、少し興味を持ってみようと感じました。

□また、本書の筆者は、当ブログでも3記事前にご紹介した出口先生に影響を受けているようです。

全く別の本が作者の推薦によってつながることも最近は増えてきました。世界が広がったようで、面白いですね。

1年後 にもう一度読み返してみたいと思いました。

□前半の方が印象に残りました。後半は仕事疲れで頭に入りにくかったのかもですね・・

採点87点

以上

環境素人



【書籍】20代で知っておきたいお金のこと(86点)

20代で知っておきたいお金のこと20代で知っておきたいお金のこと
(2011/06/01)
岡村 聡

商品詳細を見る


□ファイナンシャルリテラシーを高める。
  こんな欲が最近になってようやくで出てきました。
  人間やっぱり欲が出てこないと学ぼうとしませんね。
  FP3級試験にも合格し、ようやくスタートについた感じです。

 以下、気になった点をあげていきます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■金額の大きさに応じて、考える時間を決める。
□私はコンビニで熟考してしまうタイプです・・。

■住宅にかけるコストは手取り収入の2割程度。

■50代の後半は子供たちが大学に行くなど出費のピーク。

■管理職のほうが若手社員より多い。

■ずっと同じ環境で仕事をすることは期待できない。
■転職や社内の人事体系の変化などで、働く環境が大きく変わることを自覚すべきだ。


□会社にぶら下がるのではなく、誰かに依存するのでもなく、
「相互依存」に向けてまずは「自立」することが大切ですね。
 下記の書籍でこの辺りはピンときます。

7つの習慣―成功には原則があった!7つの習慣―成功には原則があった!
(1996/12)
スティーブン・R. コヴィー

商品詳細を見る


シールド(盾)シールド(盾)
(2006/03/24)
村上 龍

商品詳細を見る



話がそれました。次に行きましょう。

■3大重要ビジネススキルは「英語」「ITスキル」「プレゼンテーション能力」

■生命保険について気をつけるべきことがある。それは特約を設定しすぎないこと。

■「高額療養費制度」により・・・・100万円医療費がかかっても10万円以下で済むのであれば毎月特約に高い費用を払うよりも、貯金額を大きくすることを優先すればよい。

■高齢者の二人暮らし世帯の割合が増えることで、3LDKや4LDKの広い間取りの住宅への需要が落ちるだろう。

■日本では・・・一攫千金を狙って過大なリスクをとる、短期志向の投資が一般的であった。

■株式市場は、「事業を起こしたいがお金がない事業家」と「お金はあるけれども使い道が見当たらない投資家」が出会う場だ。
□無駄な買い物をやるよりもよっぽど意味のある買い物であり、なおかつ利益もでる。そして何よりも経済事情に詳しくなれるというメリットがありそうですね。
■株式・債券・商品・不動産の大きく4つに分かれる。

■FXの取引からは新たなリターンが生まれず・・長期の投資対象として、安定したリターンが期待できない。

■株式の方がハイリスク・ハイリターンで、債券のほうが株式よりリスクもリターンも低い。

■ETFと投資信託は・・セット商品
ETFなら約1万円から、投資信託なら1000円から投資が可能。

■選択の手間とは無縁で、1つの商品を買えば、自動的に何千・何万という会社や国々の株式・債権に分散投資できる、ETFや投資信託から投資を始めるのがオススメ。

■流動性=すぐに売買できるか

■65歳までの40年を掛けて、毎月3万円ずつ積み立てたときに、年率10%で運用できれば約1億円、年率15%ではなんと約7億円・・自分の人生で必要なお金を踏まえて、3~7%の利回りを目指すことがオススメ

■やってはいけないこと・・短期のリターンを狙って、個別銘柄に一括で投資をするやり方

■アクティブ運用の投資信託で、市場平均を上回っている商品は、5年間で見たときには約30%、10年間では約20%しか存在していない。・・個人投資家が自分の判断で取引をしても、市場平均を上回る可能性は非常に低い。

■「お金持ち」とは「お金に関することで心が惑わされることがない人」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

□お金の奴隷(住宅ローンなど多額の借金)にならずに、お金をうまく使ってやることが重要だと、金持ち父さんは下記の書籍で説いています。(最近父さんの会社は倒産したようですが、相変わらず著書は人気のようです。)
金持ち父さん貧乏父さん金持ち父さん貧乏父さん
(2000/11/09)
ロバート キヨサキ、シャロン・レクター(公認会計士) 他

商品詳細を見る


□私は「投資=ギャンブル」で一攫千金を狙うものという古い価値観で捉えていましたが、複利のメリットをしっかり享受できるように、投資知識も得ねばなりません。

□お金持ちになりたい理由は、私の場合は将来食いっぱぐれないようにというのが大きなものです。
手堅くやっていきたいものですね。
以上

環境素人
[ 2013/03/11 22:03 ] 【書籍】お金86-89点 | TB(0) | CM(0)

【書籍】家庭教師が教える頭が良くなる東大思考法(87点)

東大家庭教師が教える 頭が良くなる思考法東大家庭教師が教える 頭が良くなる思考法
(2010/08/28)
吉永 賢一

商品詳細を見る


□また気になるタイトルに惹かれてしまいました。

以下、気になった点をあげていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■まず、勉強して、いろいろな知識をつけて、それから、いろいろ経験して、『人の気持ち』をわかるようになるんだよ。


■現実対処能力が高い人とは、自分のまわりや自分の心の中で起こる「問題」を的確に解決し、さらには自分の「望み」を着実に叶えていける力を持っている人のこと。


■コントロール外のことに着手しようとしている自分に気づいたら、それをコントロール内のことから、間接的にコントロールしようとしていくのです。

■頭の中のモヤモヤを書き出していく。思いつくままに、どんどん書き出す。「人ごと」としてとらえやすくなります。

■悩みや望みを頭の中だけで考えているのは、まさに暗算をしているのと同じです。

■望みに隠れている悩みを知る。
例)お金が欲しい ⇒ 将来への不安をなくしたい
例)仕事で成功したい ⇒ 家族やまわりの人から尊敬されたい

■「達成条件」はしつこいくらい具体化し、明確化していく。

■コントロール内のことを行う。達成までの期間が長いものはそれを分割する。今すぐ実行可能な次の一手にたどりつくまで続けます。

■つねに「原因は自分にある」と考えておく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

□結局人は、選択肢を準備し、そこから選ぶという行為しか出来ないわけです。
人生という長期的視野においても、問題発生という短期的視野(瞬間)においても結局は選ぶことしか出来ないわけです。
それらに対する的確な判断の選択肢をいかに準備していけるか、広げていけるかという視点や一工夫がこれからの人生に必要なことかもしれません。

□自分に必要なことは何かを見つけ出すために、
人や機会と出会い、考え、書き出し、また出会い、それについて考えて・・

こういったプロセスの中で人は自らの目的を見出していきます。

そのプロセスを有効に機能させるためには、目標を具体化し、かつ細分化して
いかに行動に落とし込んでいけるかという点が重要です。

潜在意識を活かす人が成功を手に入れる

さまざまな自己啓発本における共通のテーマです。


目標を具体化させていく過程で、潜在意識は覚醒します。
それをうまく行動に落とし込み、それを貫徹するのが努力の部分。

努力のレールを自分で敷いてやること。

これが私にとって喫緊の課題です。

採点87点

以上

環境素人
[ 2013/03/11 00:08 ] 【書籍】自己啓発86-89点 | TB(0) | CM(0)

【書籍】New出口現代文講義の実況中継 1(5年後/90点)

New出口現代文講義の実況中継 1New出口現代文講義の実況中継 1
(2007/10)
出口 汪

商品詳細を見る


□現代文の解法、、この存在に早めに気づいておけばよかったな、という後悔がこの本を読んだ感想です。

センター試験の模試なんかで、現代文がハマッて満点を取るときもあればぜんぜんダメなときもある。
これは作者と自分の価値観が一致したからこそハマッたのであって、解けたわけではないというのです。

この年になるとなんとなくこの意味もわかる、という方も多いのではないでしょうか
それでは下記、印象に残った点を数点上げていきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■同書は現代文を論理の教科と位置づけ、それゆえ、センス・感覚ではなく、一貫した論理的方法が必要だと談じた。

■答えだけでなく、なぜそのような答えが導き出されたのか、そのプロセスを頭の中で説明してみる。

■解答の根拠はすべて本文の中にある。

■本文に書かれていないことは一切無効である。

■傍線部について、どう思ったかは一切聞いていない。

■感覚的・主観的に解いてはいけない。

■各段落の始めに番号が打ってあるときは整序問題。先に設問を見なさい。

■欠落文の問題は明確な根拠をきちんとつかみなさい。

■具体例とは、筆者が自分の意見を裏付ける証拠としてあげるものです。とすれば、必ずどこかで筆者の意見が登場するのです。

■入試⇒起承転結とある評論の"「結」の一部だけ"を切り取ってくる。

■所詮たった一つのことしか言ってないわけで、あとはそれを証拠をあげて、繰り返しているだけ。
⇒重層的に文章を読んでいきなさい。
⇒筆者の主張は、形を変えて何度も繰り返される。
(具体例・体験・引用・比喩・対比)

■自分の意見は、まず「相手にわかってもらえない」というのが評論の前提。

■自分は客観的に読んでいるという思い込みがあるから逆に解けない。

■影の部分を無意識のうちに読み落として光の部分だけを読んでいる。
□結局熟読してもこうだから、速読と熟読で得るものはそんなに大差がないのかもしれません。むしろ、短時間の方が記憶も薄れずポイントのみ覚えていますので、速読の方が実用的とさえ思えてきますね。

■「も」をチェックしなさい。前に同じ具体例がないとダメ

■中也の言葉に近いものを、実は自分の個人言語の中で無意識に探している。
□私は妻に中原中也の詩を薦められたことがあります。
これは中也の言葉を妻が彼女なりに解釈した上で感じることがあった。これを共感した。と捉えているいうことです。もしかするとこの妻の解釈が作者の意図と違う場合も可能性としてはあるわけです。
逆に詩を作る際には多くの人の共感を呼ぶ仕掛けを作る才能。これも重要ですね。


■空欄もしくは傍線部の前後を必ずチェックしなさい。とくに接続語、指示語・・

■二つ残ったら選択肢どうしを比べなさい。

■自分の頭を信用しない。必ず、本文で決定しなさい。

■文章の中で言葉は、無数の糸で引っ張られているのです。引っ張られて意味が決まる。その働きが文脈の力。
文脈によって言葉を規定していけば、言葉は固定化されます。

■論理の道筋を辿って行けば、誰もが納得するはずの正解が必ず見つかる。

■「論理的」というのは、一度述べたことを何度も形を変えて繰り返すこと。
□この言葉は私には響きました。伝えたいことを様々な例えを用いて表現することも論理的な話の一種なのかもしれません。

■「すべて」という言葉があればイイスギの可能性がある。

■心情と風景描写は一致することが小説の原則
□小学校のとき、よく小説の読み込みをやらされました。
「秋の寒空を見上げながら、彼は深い溜息をついた。」

この表現から、幼いながらも寂しさや切なさをなんとなく感じとることは出来ました。

この文章は「秋の寒空」や「深い溜息」を用いてさびしい感じを醸し出す作者のいわば技術の部分。
これらの言葉に作者が何らかの意図を込めているわけです。

作者の技術による言葉であるからこそ、小説内の登場人物の感情がわかるという事実を小学生の私が認識するはずも無く、どこかしっくりきていませんでした。

単純に読み込むというよりも、作る側が風景描写に心情を込めるという一種の技法によって文章を作っているからこそ、我々はその言語から感情が読み取れるんだよ。
という部分をしっかり教育に盛り込んでいただきたいと感じます。


■登場人物の心情は動作・セリフ・風景描写・文体によって表現される。これらに線を引っ張って客観的な証拠を全部拾っておきなさい。

■同じ人間なら必ず心情は連続している。傍線部は単独で判断せずに、前後関係から見る。

■本文が始まる前の最初の文章というのはきちんと読んでおきなさい。

■評論:筆者の思想 小説:登場人物の心情 随筆」筆者の心情 をつかむ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
□まさに目からウロコの内容でした。
読み終わると、なんとなく今までも気づいていたような気もするのですが、これはそれだけ本書がわかりやすく説明されているからでしょう。
やっぱりできていなかったからこそ、私は今「技術者」なんでしょう 笑

いままで自分が受けてきた現代文の教育において、学生なりになんとなくしっくりきていなかった部分が本書によってかなりクリアになった気がします。

結局は、筆者がどういう技法を用いて我々に伝えようとしているか、という視点が大切であると感じました。
相手の立場に立つと見えてくる世界が広がるということでしょうか。

■ 5年後 にもう一度読み返してみたいと思いました。

採点90点

以上。

環境素人





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。