スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【書籍】未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる(86点/半年後)

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる
(2013/08/16)
ちきりん

商品詳細を見る
産業革命以降、久々の革命ともいえるIT革命。以降、人々を取り巻く環境は変わりました。今の企業にしがみついていいのか、このままの自分でよいのか、という疑問を抱きながら働いている人が実は健全であるということに気付かされます。本書はそんな人に一つの提言を与えてくれます。


【感じたこと】ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
□IT革命以降、世の中は変化し、大企業や大国の力は弱まってきました。現に、G7はG20となり、大企業は数千人単位でリストラを実施しています。
さらに、医療の進歩によって人間の寿命は延びました。そんな中、貯金だけでは暮らせなくなり、稼ぐ力が重要となります。」

□「本当にこのままでよいのか」という悩みが都度沸いてきますが、本当にやりたいことが見つかるとそんな悩みはどうでも良くなるのです。(たしかに)

□自分のやりたいことを見つけ、それによって稼ぎ続けることこそ理想かもしれません。



【印象に残った点】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■書店に数多く並ぶ仕事や働き方に関する本には、時代の移り変わりが見事に映し出されています。

■必要なのは、組織と個人の関係性や家族のあり方も含めた、根源的で本質的な働き方の問題について、ひとりひとりがしっかりと考えることなのです。

■「パワーをもつ層の交代」が起こることが、革命

■大組織から個人へ byIT革命
■先進国から新興国へ byグローバリゼーション
■ストックからフローへ by人生の長期化

■これまで格差は国と国の間にあり、それは南北問題と呼ばれていました。けれども今、国家間の格差は急速に縮小し、個人と個人の格差に置き換えられようとしています。


■人生百年の時代になれば、ストックが多いことより、その時々になんらかの価値を創造し続ける「フローの力」の方が重要になります。

■過去に貯めたものだけではもたないほど人生が長くなると、たくさんの資産を持つ人から生きる力のある人への、パワーシフトが起こるのです。

■現時点でさえ、日本を代表する企業が、中高年のリストラを必死で進めているのです。少なくとも現時点において「市場のニーズが高い仕事」で経験を積んでおくことのほうが、将来のためにも安全。

■自分の好きなことを追求するのがリスクだと思える人は、たいていの場合、そこまで強く「コレがやりたい!」と思えていない

■自分がやりたいことが明確になれば人生はものすごく楽になる
 やりたいことが見つかると、「自分の人生はコレで良いんだろか、他にも可能性があるんじゃないか」などとグダグダと悩み続ける必要もなくなります。

■検討すべきは、「そんな生活で食べていけるだろうか?」ではありません。確認する必要があるのは、「そんな生活を、本当に自分は楽しいと思えるのか?」ということです。

■「人生を二回生きよう!40代で自分オリジナルの人生をはじめよう」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
半年後にまた読んでみたいと思いました。

採点86点

以上

環境素人
スポンサーサイト
[ 2014/01/30 23:31 ] 【書籍】自己啓発86-89点 | TB(0) | CM(0)

既得権益が産み出す『無駄』を増やそう

既得権益を打破して、誰が儲かるのでしょうか。

談合もそうですが、既得権益を持つ企業がしっかりと潤い、その従業員がお金を使うことで国内経済は潤います。

一方、既得権益を壊せば、新興企業を含めた企業間の価格競争が激しくなります。

それによって各企業は無駄な仕事や経費を削る。
となると、コピー代やタクシー代は削られ、印刷業者やタクシー業者は疲弊します。

逆に言えば、企業の無駄こそが産業を創出しているのです。
この無駄こそが人々に心の余裕を与える、と言うことはできないでしょうか。


既得権益を壊し、自由競争を進めることで志の高いとされる一部の野心的な事業家は儲かりますが、結果として国内に流れるお金は減少して、我々一般市民を不幸にするのではないでしょうか。


ただし、グローバリゼーションが進み、海外企業とコスト争いをすることになると、コストは下げざるを得ないことも事実です。

しかし、この自由競争の論理はメーカーなどが他国企業と戦う際には重要ですが、市場のプレイヤーが国内企業のみという業界には不要です。

高コスト体質の企業が国内にお金を還流させれば皆が潤います。

つまり、閉じられた市場が多いほど無駄を持った企業が増える。無駄は国内企業を育て、お金は還流します。


規制緩和を進めるほどにコスト競争は拡大し、無駄を持てる企業は減り国内にお金は還流しなくなります。

さらには既存の市場さえも外資に食い荒らされることになります。

既得権益を守り、無駄を増やすことで、国内経済を潤す。


時代とは逆行した発想かもしれませんが、反論ある方、コメントをお願いします。
[ 2014/01/29 14:49 ] その他 | TB(0) | CM(0)

【書籍】あんぽん 孫正義伝(3年後/93点)

あんぽん 孫正義伝あんぽん 孫正義伝
(2012/01/10)
佐野 眞一

商品詳細を見る
孫正義氏に関する書籍は多くありますが、ここまでの緻密な取材力に基づいた興味深い書籍は存在しないのではないでしょうか。彼が育ってきた環境やその一族を辿ることでこの「天才」がどのように発生したのか。掘り下げていくと様々な濃厚ストーリーが浮かび上がってくるのです。


【感じたこと】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
□この本を読むと、孫正義という人間がすさまじい親戚たちの中で育ったこと、また父親によってその能力を最大限まで引き出されたことが分かります。

□皆さんは自分の父親や母親がどんな思いで人生を謳歌してきたのか、具体的にいつどんな経験をしてきたのか、聞いてみたことはあるでしょうか。

□おそらく、無いと答えられる方が多いのではないかと感じます。私もその一人であり、祖父母、さらにその親や親戚がどんな気質の人でどんな仕事をしているのか分かりません。

□本書は「天才」である孫正義が発生した要因を、一族を追っていくことで明らかにしていきます。調査していくと、金融業やパチンコ、豚飼い、密造酒等で生計を立てた父親を始め、尋常でない人々の周りで育ってきたということが明らかになっていきます。


□この点から気付かされることは、自分の一族がどんな人物だったのかを辿っていけば、自己をより深く知ることができるかもしれないということです。


□たまたまこの本と出逢い、そのような思いに至りました。先日も書いたように、ここのところ様々な人の死に触れる機会が多いのです。その中で自分自身に「死生観」というものが大事であると気付くに至りました。これと今回の気付きが何かリンクしているような気がしてなりません。

□自らを作り上げた血筋について、聞ける人に今のうちに聞くべきであると導かれているような、そんな気がしてなりません。少しオカルト的な表現になってしまいましたが、何かそんな気がしてならないのです。


□また、本書ではエネルギー産業と在日の関係が重要なキーワードともなっており、日本という国が産業力をつけるに至るまでの闇の部分についても考えさせられます。

□とても深い内容であり、気付きも多く、読んでよかったと思わされる本でした。


【印象に残った点】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー□:抜粋 ■:感想等

□北朝鮮の拉致問題は許せないことですよね。・・・私たちの先祖は、何万人規模で強制連行されてきて、炭鉱や鉄道づくりに働かされたんです。

□鉄道や道路、電力会社など天下国家の礎を作るのが、事業家です。
■商売人と事業家の違いは、自分のためでなく社会に自らを還元しているという点なのかもしれません。

□日本が戦争に負けて悲しかったですか。「ぜんぜん悲しくなかったですね」
■「在日」の人がどのような思いで終戦を迎えたのか、率直な一言が記されています。

□「信号が赤で事故にあうなら当たり前。でも、青で事故にあうなら信号機が壊れている証拠。」
■正義の父三憲は、子どもの頃から答えの無い質問を息子にぶつけ、考える力を養っていたようです。

□孫正義がダイエーホークスを買ったのは、三憲の進言を受けたからだという。

□震災について・・この未曾有の大災害は、目の前で起きた悪夢のような出来事に「言葉を失う」体験をした人びとの身の上を思いやる想像力の有無を政治家や官僚、ジャーナリストをはじめとするすべての日本人に問うている。もし、その想像力が日本人から損なわれているとするなら、それは被災地に広がる瓦礫以上に深刻な精神の瓦礫といわなければいけない

□国策に直結したエネルギー産業は、人命よりもいつも企業の延命の方を優先させる。
■三井山野炭鉱の爆発事故と福島の原発事故において、重なり合う何かが存在し、一族としてその両事故に深く関わっていることに筆者は何か運命めいたものを感じています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3年後 にまた読みたいと感じました。

採点93点

以上

環境素人
[ 2014/01/26 22:04 ] 【書籍】偉人90-95点 | TB(0) | CM(0)

辺野古移設とメディアとわたし

沖縄県の名護市長選挙では、辺野古移設反対の稲嶺氏が再選されました。

その2日後、国は普天間基地の辺野古移設へ向けてプロポーザルで業者を募集しました。

プロポーザルはいわばコンペのようなものです。

これに対して今日も報道ステーションは批判を展開中。

批判内容は
•地元の意向を無視したこと
•入札でなくプロポーザルであること

一点目に関しては、私もゴリゴリだな、という印象を抱きました。間髪入れずに計画を進めて行こうという国の意向が現れたということでしょう。

かと言って、移設しない、という選択肢はあるのでしょうか。

移設しなければ普天間は固定化し、今と何も現状は変わらない。

仲井真知事としては、それを変える一歩として移設を容認した。加えて年間3000億の予算を勝ちとりました。

軍事面で言えば日本に米軍の抑止力がなければ確実に中国が領土を奪う。
これはもはや周知の事実です。

私の近しい友人は沖縄が実家であり、地元に基地があるのが嫌なことは重々承知しているつもりです。

正直なところ、私の町に基地が来るということになれば、私はこの街から引越するでしょう。

辺野古移設反対

地元辺野古に基地が来ることには反対

じゃまるで意味が違う。
ということはある程度この選挙結果はわかっていたはずです。

こういったどうしようもない現状にも触れた上で、基地の負担はどうしようか、と国民全体で考えることに意味があるのではないでしょうか。

決してお金で押し付けてるわけではなく、解決策が他にないのかもしれない。

ならばその現状を我々が理解し、新たな代替案を考えようとする方向に導くことがメディアの役割ではないでしょうか。


二点目のプロポーザルに関しては、むしろ地元業者に有利となるような評価の仕方とすれば、地元業者は喜びます。まあ極論を言うと談合にも賛成という話になってきますが、、

建築業界に話を移すと、税金の負担を減らすために公共工事の競争入札は義務化され、どの業者も叩き合いの中、赤字受注が続く。その結果お金が還流せずデフレを招く。そう、だれも得してないのです。税収が減るだけ。


電力業界に話を移すと、東京電力がスマートメーター発注を随意契約から入札としたことで国内に還流するはずであったお金が海外企業に逃げました。

国内製造業や建設業の成長のために作った再生可能エネルギーの買取制度も、性能基準を設けるなどしたたかに国内産業を保護する仕掛けもなく、多くのお金が海外メーカーに流れ、得をするのは一部のメーカーだけ。


このように、国の発展を基本として考えればおかしい、とか意味がないとわかる話を、縦割り行政の弊害によるためか、特定の企業や国に国内の市場をわざわざ開け渡そうとする誰かのせいなのか、国民が不幸な方向に進んでいくことばかりが行われているわけです。


国という協力な力に反旗を翻すメディアという存在は、かつては国民の味方でした。

しかし、最近の報道を見ていると、
あえて他国の利益につながるような意見としているのか、
批判が最も簡単に思いつく意見であるからこそ、その批判に甘えた安易な番組作りとなり、結果として無意識に自分たちの首を絞める方向へと国民を煽動しているのか、
このどちらかではないかと感じるわけです。


こういった現状が変わらない限り、日本は沈んで行くのでしょう。


ただ、ネット社会の進展で、個人レベルでも色んなことを考え、訴えることができるようになりました。

ホリエモンや孫正義がメディア買収に動いた背景にはこのように国を思う気持ちがあったからかもしれません。


一人でもこの文章を読んで何か気づいてくれる人がいれば、ありがたいですね。


批判ではなく代替案を示すメディアこそ本物です。


以上

環境素人
[ 2014/01/21 23:07 ] 建設 | TB(0) | CM(0)

人生について悩むこと自体が充実の瞬間では、と思うに至る。

一日八時間、毎日没頭できる何かを見つけること。

これが組織を抜ける最低条件だとのことです。


日本人という人種は、何か大きな組織に属していることで心の安らぎを得られる。

これを捨て去ってでも外に出たいかどうか、が一つのポイントとのこと。


今後、ものづくりの技術は中国、韓国に追いつかれるだけでなく、東南アジアにも追いつかれるでしょう。
人件費の高い日本からはものづくり企業は消えて行くのかもしれません。

今の米国と数年後の日本は重なるのかもしれませんね。

しかし、米国の製造業はシェールガスで息を吹き返すところです。日本も日本海側のメタンハイドレートで同じ道を歩みたいところです。

が、おそらく中国、韓国からの領土問題のプレッシャーはさらにきつくなることでしょう。

そんな混乱を経て、2025年頃には定年は65歳となり、労働人口が減らない一方、仕事は機械化、自動化が進む。

若者は、いつまでも居座るおじさんに頭が上がらず、相対的に労働力の質は落ちていくでしょう。

その頃には私も40歳を超えています。

舵を切るなるもう今しかないのでしょう。

とりあえず現状のスキルをみがきながらも、色々な情報をインプットしながら、50歳、60歳もイキイキと人生を謳歌するには何が必要なのか、まだまだ悩み続けたいと思います。

しかし、、もはや、この悩みこそが、楽しみであり、充実の時なのかもしれませんね。

結論に辿り着かずとも考えること、悩み続けること。

これは捉え方を変えれば、八時間没頭できることにもなり得ますね。

ここから何かお金につながるでしょうか?

うーん、甘いか 笑

以上

環境素人
[ 2014/01/21 21:58 ] その他 | TB(0) | CM(0)

【書籍】30代こそ「奴隷」から抜け出そう!(2ヵ月後/94点)

30代こそ「奴隷」から抜け出そう!30代こそ「奴隷」から抜け出そう!
(2013/05/09)
鈴木進介

商品詳細を見る
いままでビジネス本で書かれてきた、いわゆる「デキル」の定義を一気に崩す破壊力を持った一冊。ビジネス書好きの方にはぜひ読んでもらって、どのように感じたのか感想を伺いたい、そう思わせる一冊です。
【感じたこと】
□ノマド、MBA、お金を働かせる等
これまで読んできたビジネス書で目指すべきとされている言葉の奴隷となって、本業に身が入らなくなってしまったのではないか。そのような危機感を覚えました。

□現実から目を背けず、自らが育てるべき、育てることができる強みを磨いていくことで、自己が磨かれ、人や仕事が寄ってくるのではないでしょうか。

□あまりあれこれ考えず、今やれることを精一杯やれるかどうかが今後の将来を築くポイントであり、それが出来ないようでは他もうまくいかないのかもしれません。

□ビジネス書に出てくる聞こえの良い言葉を知っていることで、いわゆる「できるサラリーマン」になったような感覚を覚え、現実逃避しているような人間。
これにならないよう地に足つけてやっていきたいと感じました。

□いままでの自分はメディアによって「社会において、『目指すべきもの』として共通に認識されている何かを実現すべきである」という方向に洗脳されていただけなのかもしれません。その洗脳がこの本によって少し解けた、読み終わるとそんな感覚です。

□良い本と出会いました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【印象に残った点】

■ただ漠然と「できる人」っぽいことを目指していても、それが本来成果を出すことに必要かどうかは別問題。

■「できる人」を目指したところでメディアが演出した他人の人生を生きるだけ。

■「市場価値」の前に「社内価値」を大事にしている。

■「他人に相談されること」や「他人に依頼されること」に必死に取り組むこと。

■会社は、社内エコノミストや社内評論家など求めていないのです。先を見据えて新しい付加価値を創造し、鉄の意志でやりぬく人材を求めているはずです。

■ノマドワーカーの成功者として注目されている人は、そもそも普通の人ではありません。すでにある分野で専門性を持つ人や凡人に比べて華々しい経歴がある人が多いのです。

■ノマドワーカーにあこがれる前にやるべきこと。それはひとつでもいいので、圧倒的なスキルを身につけ、目の前の仕事で成果を出すことです。

■「副業を手がける準備期間やコスト」と「自分の強みを活かして本業で給料アップを図る」のとでは、どちらが収入アップの近道でしょうか?

■人がきらう「非効率」な部分にこそ、他人との差をつけるための競争力が潜んでいる。

■本当に頭が良い人とは、「難しいことを、分かりやすく伝えることができる人」

■MBAを取得しても、それは単に精神安定剤に過ぎないでしょう。

■MBAの取得の前に、何を学び、どう活用したいかを明確にする。

■自分の強みにできる分野を二つ設定し、まずは「100人に一人」を目指すことです。それぞれを掛け合わせれば、その分野では希少価値になり、あなたの価値は際立つ。

■つくるのではなく結果としてできるのが人脈です。

■これからは、「変化(空気)を作り出す」というスタンスに切り替える必要があるのです。

■空気を読みすぎて本来の自分が出せない、自分の意見を封印してしまうとなれば、それはまさに空気の奴隷に陥っている。

■『金持ち父さん 貧乏父さん』がきっかけで「意識が高いサラリーマン」の間では、一生転職もせず、新卒で入った会社で、コツコツと働く」という真っ当な生き方が「時代遅れ」と見なされる風潮が蔓延していった。

■資産運用・・そんなところに金を使うくらいなら、すべてを自分の事業へ投資する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2ヵ月後にまた読みたいと感じました。

採点94点

以上

環境素人
[ 2014/01/13 20:59 ] 【書籍】自己啓発90-95点 | TB(0) | CM(0)

死生観

◻︎先日、親戚が亡くなりました。私の父の兄であり、接点といえば結婚式に来てもらったくらいで、二人で会話をした記憶はほとんどありません。密葬に近い人数で20人程度で叔父をおくりだしました。

◻︎1月3日にはやしきたかじんさんが亡くなりました。死のイメージとはほど遠いたかじんさんの死は少なからず多くの人に影響を与えたのではないでしょうか。

◻︎『いつ死ぬかわからないから、
明日死ぬかもわからないから、
うちは短命の家系だから、
今やることにしました。』

市川海老蔵さんの言葉です。



◻︎私の祖父は80歳を超えていますが技術士として未だ現役です。運転も腕立て伏せも行うタフな祖父です。そんな姿から、定年後には無限に自由な時間が存在するような錯覚を抱いていました。


◻︎様々な死に少しずつ触れる中で、今やりたいようにやるべきだ、ということを強く感じました。

◻︎自分を高めたいという思いは、老後もやりがいを持って働けるように、とか、自分が何かやってきたという足跡を残せるように、とか、
30年先を見据えたものという感覚があります。


◻︎30年先を見つめると、今を捉える焦点はぼやけるのかもしれません。


◻︎先を見据え、自分を高められそうな場所に身を投じる、これまでそれを繰り返してきました。その中で成長し、自己を確立してきました。


◻︎ただ、常に何かを探し続けている感覚を抱いています。先ばかり見ているからこそ今を捉える焦点がぼやけ、一向に到達感がないのかもしれません。

◻︎このままでは、いつまで経っても現状に不満や迷いを持ち、さまよっている間に死を迎えることになります。


◻︎『先のために』という視点を除外して今やりたいこととは何でしょうか。


◻︎いつ死を迎えても後悔しないためには、今やりたいことに素直に力を注ぐべきです。そして躊躇せずに歩みを進めていくことが大切なのかもしれません。

◻︎自らの死を意識すること。死生観を持つこと。

◻︎これによって、有限である自己を認識し、今やりたいこと、やれることに一所懸命力を注ぐべきである。

◻︎年始からそんなことを考えさせられました。

以上

環境素人
[ 2014/01/12 23:31 ] その他 | TB(0) | CM(0)

朝と夜のモチベーションの差異

◻︎仕事終わりの電車より記述しています。朝は色々なことを考えていたのですが、夜になると朝のやる気に満ち溢れていた前向きな思いはどこにいってしまったのか、脳が思考停止しています。

◻︎今朝これからの人生について考えていました。

◻︎この先どんな時代かわからないが、転職するにしても、これまで経験したことを活かさなければ、自分の市場価値はゼロに等しい。

◻︎今携わっている業務は試算が多く技術的な話がメインでやりたい仕事とはいえない。

◻︎ただ、環境•エネルギー分野には興味があるため、この分野においてもう少しマクロな仕事をしたい。

◻︎これらを踏まえると、自分の価値を高めるには現状の業務において力を付けることが必ず何かの役に立つということです。

◻︎これとは別に地元に帰りたいという思いもかなり強い思いとして持っています。これは出来ることなら早いほうが良い。

◻︎とは言え、地元には収入が高い仕事は少ない。

◻︎となると、現業のスキルを高めつつ経済的余裕を持った状態で新たな道を探せる力を蓄える時期が今である、と感じました。

◻︎そんなことを朝は考えていたのですが、夜は頭が働きませんね、、考えてもあまり良い方向にはいきません。かと言って朝はやく起きて勉強やジョギングをしても続きません。その後眠くて仕事にならない。。

◻︎そんなダメ人間ですが、迷いながらもマイペースに自分の道を歩いていきたい
なと思います。

以上

環境素人
[ 2014/01/07 21:07 ] その他 | TB(0) | CM(0)

【書籍】頭がいい人、悪い人の話し方(10年後/75点)

頭がいい人、悪い人の話し方 (PHP新書)頭がいい人、悪い人の話し方 (PHP新書)
(2004/07/02)
樋口 裕一

商品詳細を見る


【この本について】
□巷にあふれる悪い話し方の事例とその対策が40ケース記載されています。

□これらのケースに当てはまる人物が職場においてきっと見つかるはずです。

□なおかつ、その人のことを嫌いであればなおさらしっくり来ること間違い無しです。笑

【感じたこと】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
□プレゼンのときと普段の業務中の会話と、私の場合はまるで人が変わったかのように話し方が変わります。

□おそらく上司に対しては顔見知りであり公私で言うと私の色で話してしまう。つまりスイッチをOFFにしていることが多いように感じます。

□人というのは、結局は話し方で仕事の出来る出来ないを判断しがちなことを皆さんも感じてらっしゃるのではないでしょうか。

□そういった意味では極力上司への報告時にはスイッチをONにすること。そのために頭を整理したうえで伝えたいことを絞って伝えていくべきだと感じました。本書によって、新入社員の頃の気持ちを思い出しました。

□柔軟かつ論理的かつ建設的に喋ることを心がけたいものです..


【印象に残った点】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■毎日の仕事上での会話の内容が、賢いかどうかの判断基準になる。

■しっかりとした会話の仕方を身につけ、それを続けるうちに、だんだと知的になってくるのだ。

■「・・と思う」で終わらせないで「と思う。なぜかというと」というように癖付けておく

■批判をするばかりで建設的な意見がないとすると、知的だとばかり言ってられなくなる。

■本当に知性があるのなら、きちんと分かるように説明できるはず。

■賢いというのは、自分の説を通すことではない。・・様々な意見を聞いて、最も良い意見を判断すること

■「こんな場合にはどうなりますか」というように、相手が自分で矛盾に気付くような質問をするのが、最もうまい方法


---------------------------------------------------
10年後 にもう一度読みたいと思いました。

採点75点

以上

環境素人





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。