スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【書籍】あなたを変えるたった一つの小さなコツ(半年後/84点)

あなたを変えるたった1つの「小さなコツ」あなたを変えるたった1つの「小さなコツ」
(2012/04/26)
野澤卓央

商品詳細を見る


【この本について】
□失敗や悩みについて2000個以上をノートに書き出し、1000人以上から2000個以上のアドバイスをもらったという筆者による成功のコツが記されています。

【感じたこと】
□死生観をもつことで、自分のやりたいことが見えてくる。
では、死ぬとなったときに何をしたいかということを考えたことはありますか?

□私なりにふと考えてみると、
「自らが深く関わった友人・知人・そして家族に感謝を伝えること」でした。

□自分がいい人と思われたいから、というわけでなく、
相手に相手自身の存在価値を認識してもらう
相手に相手自信のことを好きになってもらう
それによって、その人自身に「良い人生を送ったな」と感じて欲しいからです。

□こういった点から、私は「人が希望を見出せるような仕事」を求めているのかもしれません。

□私は現業務に対して不満や違和感を持っています。
今の仕事が日本経済の発展に役立っていないのではないか、長期的視点で捉えたときに会社として本当に意味のある活動と思えない、(裏を返せば事業計画に納得がいっていない)、業務自体に適性◎とも感じず、その業務知識を深めることに面白みや興味を抱いていないといった点です。

□自身が転職してやりがいを見出せる職業としては、
人々が希望を見出せるような政策・提言を行う業務、人の長所を見つけ活かす業務、会社を正しい方向へ導く(人々の役に立てる=社会のニーズとマッチした)計画策定業務などでしょう。

□本書を読んでいくと、
1.人がやっていることは気にせず、自分が正しいと思うことに対して、考えすぎずに自然体で行動する。
2.自分に課した目標をクリアしていくことで自分に自信がつく。
3.一瞬一瞬に自分が出来る100%を出していく。

これらをやることでイキイキと充実した日々を送れるということが見えてきます。

しかし、1.の考えすぎてはダメで自然体で行動せよ

この対象が「転職」となると、単純には行かないもので・・
ただし、直感では「動きたい」と感じているのも事実です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【気になった点(抜粋)】

■現実を知る、自分を知る、理想を知る、行動する、見直す。

■「当たり前のこと」は、そうすることが一番確実で成功するから「当たり前」になるのです。

■人は自分をどんな環境に置くかを選ぶことだけはできる。目の前に現れた選択肢の中で、より良い環境に自分を置いていくことが大切なんだね。

■選んだことに集中しよう。

■私たちは相対の世界に生きている

■自分の人生を宝物にするには ⇒ 死生観を持つ

■劣等感に振り回されているなら ⇒ 違いは比べるためでなく生かすためにあると知る

■根拠のない将来への不安をなくすコツ。それは、自分で決めたことを守りながら暮らすこと。・・自分の決めた約束事を守れるようになることで、自分自身への信頼が高まっていきます。

■自分が決めたことを守りながら生きることが、充実した人生を送る一番の近道なのかもしれないな。

■始める時は普通がいい。気負ったらだめ。平常心で目の前のことに打ち込み、そのことを体にしみこませる。

■プラス思考を貫いた人たちは「人生は思った通りになる」と分かっているから、やめないんだ。

■心を込めて1000日続ければ何かが変わる。

■今でも自分のいる環境に甘え、ぬるま湯につかっているように感じたら、それ以上のものを学ぼうという気持ちで、違和感のある環境に飛び込むことにしています。

■現状に不満があり、何かを変えようと思うときにやってはいけないこと。それは「考えること」です。

■日々イキイキと生きている人は、知識を学ぶこと以上に、自分の持てる力を毎日100%出し切ることを大切にしている。

■一瞬一瞬を与えられた場所でこれまで学んできた力を100%使って、目の前の人のために出し切る。それが日々をイキイキと楽しく生きていく方法なのでしょう。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
半年後 にもう一度読みたいと感じました。

採点84点

以上

環境素人
スポンサーサイト
[ 2013/03/24 22:41 ] 【書籍】自己啓発80-85点 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyosirouto.blog.fc2.com/tb.php/24-98594fec







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。