スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【書籍】「やりたいこと」が見つかる3つの習慣(1ヵ月後/93点)

人生を絶対に後悔しない 「やりたいこと」が見つかる3つの習慣人生を絶対に後悔しない 「やりたいこと」が見つかる3つの習慣
(2011/11/19)
古川 武士

商品詳細を見る


【この本について】
□IT企業、メーカーを経て独立された著者のやりたいことをみつけるための習慣に関する本書。具体的な事例の紹介やツールのダウンロードが紹介されたりと、とても有意義な内容であると感じました。就職活動の自己分析にもオススメの本です。

【感じたこと】
□明確にやりたいことがある人はそこまで多くないのでは、と感じています。
そのやりたいことでお金を稼いで生活している人は余計にいません。

□これは今まで私が属してきたコミュニティがある程度似たものどうしの集まりであるからなのかもしれません。

□自分の就職活動を振り返ってみると、技術だけでなく対人スキルも伸ばしたい、その成長した自分が活躍できるフィールドで働きたい。ずっとこの軸を大切にしてきました。

□じゃあ成長した自分をどう活かすの?ということを考えたときにそのフィールドが今の会社ではないのかもしれないと感じています。

□この数年、今の会社で様々な経験を積んできたからこそ、働く意味ややりがいがどういったとこにあるのかを感じられるようになりました。そういった意味で今の会社を選んだことは正解だったのでしょう。

□いま成長した自分がまた学生時代とは違った視野で様々なことを見渡し、さらに深い何かが見えるようになってきたのかもしれません。本書で言う、「8合目まで上ると、次の山が見える。」という状況でしょうか。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【気になった点(抜粋)】
■「考える」のではなく「感じる」ことで答えはみつかります。

■ワクワクする、面白いといった心の声を聞かないまま自分の外に答えを探しても、何も見つかりません。

■WANT慣性を磨くには
・心のブレーキを外す ・自分の欲求を知る ・行動する ・直観力を磨く

■(行動すると)意外と退屈かもしれませんし、ワクワクする気持ちを強く感じられるかもしれません。

■私たちの生活では「感じる」よりも「考える」ことの方が優位

■直感力を磨くには「感じる」時間を設けること

■3つの習慣 「発見」「行動」「直感」

■やりたいことを見つけた人には、ターニングポイントがあります。それは、人との出会い、情報との出会いがヒントやチャンスに発展したケースが多い

■必然と偶然が折り重なってやりたいことが見つかる場合が多い

■やりたいことは進化、発展を続ける

■やりたいことがあったら素直に行動する、これを繰り返すとWANT感性は敏感になり、・・

■自分を分析し行動して、深めるプロセスをたゆまず歩んでいけば、いつか必ずやりたいことに到達します。

■心のブレーキ
・「しなければならない」という義務に追われている状況
・「どうせ自分には出来ない」「自信がない」
・「どう思われるか」他人の評価を過剰に気にして動けなくなること
・家族や上司など周囲の人から「してはいけない」「すべきではない」「どうせ無理だ」「まだ早い」などと、実際に否定、反対される状況

■やりたいことは3つのレベルで考える。
・いますぐ ・1年 ・10年

■個性を尊重し、個人の自由な選択に任せるといった時代の空気が、個人を路頭に迷わせていることにつながっている。

■やりたいことは今の環境で出来る場合も多くあります。

■「8合目まで上ると、次の山が見える。」

■すでに日常に触れていることの中に、「やりたいこと」の種はある。

■好きなことを追求すると、人も情報もチャンスも集まってくる。

■1日10分WANTを考える習慣を持つだけで劇的に毎日は楽しくなり、1年間は充実し、夢が見つかります。

■やりたいことは年齢や環境で変わっていきますが、欲求は大きく変化しません。

■ミニ四駆に熱中した男性のクライアントさんによく聞いてみると、楽しかった、ワクワクしたポイントが、みなさん違うのです。

■手がかりは、過去の体験にあります。

■自分欲求を探すときには、特に小学校までの体験までを思い出として探るのが効果的です。なぜなら、子どものころは他人の目を気にせず、自分欲求が前面に出た活動をしているケースが多いからです。

■直感的に思いついたことを、理性で実現可能性、現実的可能性や論理一貫性をチェックし、それに対してさらに直感が働き、結果的にWANTが確信に変わります。

■常に直感と理性を働かせている状態で「葛藤」が続いていたとしたら、それは新しい生き方が見つかる必然的なプロセス
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【もう一度手に取る時期】
□ 一ヶ月後 にもう一度読んで見たいと感じました。

採点93点

以上

環境素人
スポンサーサイト
[ 2013/03/26 21:41 ] 【書籍】自己啓発90-95点 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyosirouto.blog.fc2.com/tb.php/26-0380f5ec







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。