スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【書籍】もし社会人が大学院に通ってMBAを取得したら―続社会人大学院へのススメ(半年後/85点

もし社会人が大学院に通ってMBAを取得したら―続社会人大学院へのススメもし社会人が大学院に通ってMBAを取得したら―続社会人大学院へのススメ
(2012/05)
大阪府立大学社会人大学院修了生有志

商品詳細を見る
大阪府立大学の社会人大学院卒業生によって、自らの体験記が綴られています。一人一人が自分の言葉で思いを綴られており、入学前から卒業以降までの体験を知ることが出来ます。このような世界に興味がある方は一読されると自分が求めているものなのか、そうでないのかが感じられる本ではないでしょうか。


【感じたこと】
□何のために何をやりたいのか。最近わからなくなりつつあります。お金のため、家庭のため、自己実現のため、食いっぱぐれないため、老後も働き続けるため、世の中から注目されるようになるため、、

□社会人大学院に通うと何か食いっぱぐれない強みがつくかというとそうではない。
□ただ、行動することでまた新たな世界が広がることも間違い無さそうな気がします。

□私は正直技術屋としては自分の力や適性に限界があると感じています。ものづくりや難解な数学の式などを見るとアレルギー反応を示す。これは高校時代からずっとそうです。

□だけども、才能なのか、親の遺伝か、センス的なもので、国立の旧帝大理系大学院まで進みました。でも、やはり「式を見ることに面倒臭さを感じる感覚」はこの10年以上ずっと変わりません。

□多くの技術系国家資格も取ってきましたが、理論科目がどうしても苦手で・・

□そういったことから技術の分野で私が大成することはないでしょう。と見ています。

□ただ、人には無い俯瞰力、先を見据える力に関しては他人より秀でているように感じるのです。
 それだけは人から褒められることが多い。どこかさめているんでしょうね。
 若手の私にとってはデメリットとして作用することが多いように感じますが・・

□この強みを伸ばして、新たな世界を広げていきたい。
 この本を読んでそのように感じました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【印象に残った点】■は記述より(表現は異なります) □は感想
■大学名で選ぶのは苦労のもと
■1.きちんと通えるか、2.自分の研究テーマを具現化できるか、3.博士課程への進学ルートの有無(大学での研究者等を目指す場合には必要な場合がある。)
■会社には極力申告しない方が安全
■会社に認められたい、同期に負けたくない、良い評価を受けて出世し、高い賃金を得たいという若者ならではの思いだけで仕事をしてきた。
■A.Hマズローの提唱した5つの欲求階層で言う上から2番目の「尊厳欲求」
■問題意識を持って常に課題を発見していくだけでなく、、その解決策の仮説なども意識する。「文句が多い社員」というレッテルを貼られないために

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【もう一度手に取る時期】
半年後 にもう一度読んでみたいと思いました。

採点 85点

以上

環境素人
スポンサーサイト
[ 2013/11/29 22:46 ] 【書籍】自己啓発80-85点 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyosirouto.blog.fc2.com/tb.php/33-c84c5a4a







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。