スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【書籍】コンサルタントの「お仕事」と「正体」がよーくわかる本―本当のところどうなの?本音がわかる!仕事がわかる!(3年後/84点)

コンサルタントの「お仕事」と「正体」がよーくわかる本―本当のところどうなの?本音がわかる!仕事がわかる!コンサルタントの「お仕事」と「正体」がよーくわかる本―本当のところどうなの?本音がわかる!仕事がわかる!
(2012/09)
岩崎 剛幸

商品詳細を見る
船井総研出身の著者による一冊。コンサルという仕事の内容や仕事のやりがいが何なのか、筆者の言葉で語られています。コンサルタントという職業に憧れを持った方、なんとなく激務そうだけど、やっぱり気になるという方など興味を持った方々は、一度読んでみて自分の価値観と照らし合わせてみると良いと思います。


【感じたこと】ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
□コンサルタントという仕事、非常に面白そうであると感じました。ただし、プライベートは捨てざるを得ないということが口すっぱく記述されています。

□一人前のコンサルタントになるという目的を見定めれば、多少仕事が多忙でも我慢できるはずです。ただ、コンサルタントという仕事を一生行うことに違和感は無いのか、休みが無いような状態が50歳以上まで続くとなると、身体は持つのか、などいろんなことを想像し怖気づいてしまう私がいます。

□定年は65歳まで引き上げられる予定です。さらに引き上げられる可能性もあり、今後30年以上、下手すると40年近く働く可能性が出てきました。

□そんな中今の会社にしがみついたままでよいのでしょうか。

□自分自身を守る肩書きや所属企業名がなくなったときに私は「稼ぐ力」をもっているのでしょうか。

□こういったことを考えると、若い頃に苦労して「稼ぐ力」をつけておくべきではと考えます。

□ただし、土日も趣味を充実させたい自分がいます。

□いまの状況にしがみつきながら、貯金して早めにリタイヤするのか。

□早めに動いて「稼ぐ力」をつけるため、新たな世界を見に行くべきなのか。

□少なくとも今の仕事に意味をあまり見出していない以上、やはり動くときなのかもしれません。

□が、なかなか意に沿った仕事や会社が見つかりません。

□焦ることなく、慎重に考えて動きたいと思います。


【印象に残った点】ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■最近では経営コンサルタントをゴールドカラーと呼ぶことがある

■月月火水木金金・・コンサルタントの仕事はそのくらい厳しいものだということ

■夜の10時まで仕事をして、10時から12時まで彼女と食事をして、そのあと会社に戻って・・

■店を一週周ったらその店のことをすべて理解できなければダメだよ

■価値ある情報とは、実際に自分の足で集めた情報である。

■クライアントの話をしっかり聞いて、分かること分からないことを整理することをして欲しい

■経営者の気持ちが前向きになっていないのに理論があっても先に進まない。このようなときにコンサルタントがすべきことは経営者を元気付けること。

■レポート内容を一枚にまとめる訓練をする

■最初の3年間は何日会社に泊まったかが一つの指標というくらいに仕事をしてみることが大事。

■一生付き合いたいと思える経営者3人と出会うように仕事をすること


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
3年後にまた読みたいと感じました。

採点84点

以上

環境素人
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyosirouto.blog.fc2.com/tb.php/46-a5106da4







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。