スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【書籍】知識ゼロでも2時間で決算書が読めるようになる!(90点/2週間後)

【印象に残った点】
知識ゼロでも2時間で決算書が読めるようになる!―会計超入門!知識ゼロでも2時間で決算書が読めるようになる!―会計超入門!
(2011/04/05)
佐伯 良隆

商品詳細を見る
2時間で読めるかは別として、読みやすいフォントとページ構成、財務諸表を筋肉や骨格、血流に例えたりと今まで読んだ財務諸表関連本の中では入門書としては抜群に読みやすいこの書籍。経済を学んだことの無い社会人にはぜひともオススメの一冊です。


□学んだことをまとめていきたいと思います。


「IT」「英語」「会計」は三種の神器

損益計算書=運動成績表
  収益(運動量)-費用(無駄な動き)=利益(成績)
   売上総利益 → 営業利益    →  経常利益  → 税引前当期純利益 → 当期純利益
   作るための金 → 売るための金 →貸借や財務活動を加味 → 特別な儲けや損 → 税金

・ 貸借対照表=健康診断表
  資産(財産)=負債(借金)+純資産(返さなくて良いお金)
 ・資産と負債の部は、流動性のある順に上から並んでいる。
  流動資産:「当座資産」「棚卸資産」「その他の資産」
  流動:善玉コレステロール=「現金」など 固定:悪玉コレステロール=「売上債権」「棚卸資産」

・当座資産に含まれる「売上債権」はツケで売った状態であり取引先倒産時回収不可
  固定資産:「有形―」「無形―」「投資その他―」
   1年を超えても現金せず、使い続けることを前提にもっている財産(会社の筋肉)。
 
 ・流動と固定の違いは「1年以内に返済しなければならないのか」
  会社の安全性を知るため流動と固定とに分ける。

負債=筋肉増強剤 純資産=骨格
・ キャッシュフロー計算書=血流検査表
 「営業CF」=血液を作れているか
 「投資CF」=血液を使い身体を作っているか
 「財務CF」=輸血や献血をしているか

・ROA(ReturnOnAsset)総資産利益率=利益÷資産 どれだけ資産を上手に使えてるか

・ROE(ReturnOnEquity)自己資本利益率=利益÷自己資本 株主のお金を上手に使えてるか

・総資産回転率=売上÷資産 資産の何倍の売り上げを出せたか

・付加価値=売り上げ+人件費 = 売上-他社から購入した価値

・資産→(総資産回転率)→売上→(売上高利益率)利益 ⇒(ROA)

・自己資本比率=自己資本÷総資本=「骨格」自己資本は返さなくて良い金 30%以上が望ましく50%優良

・流動比率=流動資産÷流動負債 1年以内に返す負債に対して1年以内に現金化できる資産をどれだけもってるか

・固定比率=固定資産÷自己資本 設備を自分のお金で買ったのか →100%超えてたら返す金が固定か流動か

・固定長期適合率=固定資産÷(自己資本+固定負債)=100%は超えてたら流動負債があるということ=危険!

スポンサーサイト
[ 2014/05/19 23:33 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kankyosirouto.blog.fc2.com/tb.php/70-a06ade95







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。